ニュースリリース
2015年11月11日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

新開発のCMOSセンサーを搭載しノイズの少ない高画質映像を撮影可能
小型の業務用フルHDビデオカメラ“XA35”と“XA30”※1を発売


キヤノンは、低照度性能を向上させる新開発のCMOSセンサーと、映像表現の幅を広げる新記録モードを搭載した、小型の業務用フルHDビデオカメラ“XA35”と“XA30”を2015年12月上旬より発売します。

XA35
※XA30はXA35とほぼ同じ外観です。

発売情報

XA35

価格
オープン価格
発売日
2015年12月上旬

XA30

価格
オープン価格
発売日
2015年12月上旬

おもな特長

XA35”と“XA30”は、放送局を中心とした取材現場や、ドキュメンタリー、イベントでの撮影など、幅広い撮影現場で使用されている「XA25」と「XA20」(いずれも2013年6月発売)の後継機種です。従来機種の基本性能を継承すると同時に、新開発のCMOSセンサーを搭載することで、さらなる高画質映像の撮影が可能です。また、新記録モード※2「高輝度優先」と「Wide DR」を追加することで、さまざまな映像表現が可能になります。

夜景などの暗いシーンでもノイズの少ない高画質映像を撮影可能

集光効率を高めたキヤノンの新開発CMOSセンサー「HD CMOS PRO」を搭載することで、従来機種に比べ低照度下のS / N比が3dB向上し、約40%のノイズ低減を実現しています。この高感度のCMOSセンサーと、高倍率の光学20倍ズームレンズ、映像処理プラットフォーム「DIGIC DV 4」を組み合わせることで、低照度の撮影シーンでもノイズの少ない滑らかな高画質映像を撮影できます。

さまざまな映像表現を可能にする新記録モードを搭載

新記録モード「高輝度優先」と「Wide DR」を搭載しています。「高輝度優先」は、これまで圧縮され表現できなかった、青空や雲の立体感、水の透明感、金属の光沢感など中高輝度領域の階調性、色再現性、鮮鋭感を向上させ、目で見たような映像表現が可能です※3。「Wide DR」は、映像制作機器CINEMA EOS SYSTEMの技術を生かし、ダイナミックレンジを従来機種の300%から600%に拡大することで、明暗差が激しく白とびが発生しがちな撮影現場でも、白とびを抑えながら色彩の階調性が滑らかな映像を撮影できます。

業務用ビデオカメラの市場動向

近年では先進国で4K放送の実用化に向けた取り組みが始まっていますが、世界中では現在もフルHDが主流となっています。また、映像コンテンツの制作現場では、高画質に加えたさらなる付加価値として、低価格でありながら操作性や実用性に優れた撮影機材が求められています。(キヤノン調べ)

商品紹介ページ

この件に関するお問い合せ先

キヤノンお客様相談センター

電話番号
050-555-90004
戻る
このページのトップへ