ニュースリリース
2016年2月18日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

本格的な静止画撮影性能と動画撮影時における優れた操作性を両立
デジタル一眼レフカメラ“EOS 80D”を発売


キヤノンは、「EOS 70D」(2013年8月発売)の後継機種で、エントリーユーザーからハイアマチュアユーザーまで、本格的な写真表現を求める幅広いユーザーのニーズに応えるデジタル一眼レフカメラ“EOS 80D”を2016年3月25日より発売します。

EOS 80D
※EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM装着時

発売情報

EOS 80D

価格
オープン価格
発売日
2016年3月25日

おもな特長

“EOS 80D”は、視野率約100%※1の光学ファインダーとオールクロス45点AF※2などの本格的なファインダー撮影性能に加えて、動画撮影時における滑らかで追従性の高いAFを可能とする「デュアルピクセルCMOS AF」を備えており、快適な動画撮影性能を実現しています。

一眼レフカメラならではの高画質および快適なファインダー撮影

新開発の有効画素約2,420万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーと、映像エンジンDIGIC 6により、最高ISO16000(動画撮影時:ISO12800)の常用ISO感度を達成し、質感や立体感を描写する高画質を実現しています。さらに、構図を描きやすい視野率約100%の光学ファインダーと、被写体をより確実に捉えるオールクロス45点AFや最高約7コマ/秒の高速連写が、一眼レフの利点を最大限に生かした快適なファインダー撮影をサポートします。

キヤノン独自のAF技術など快適な操作で高画質な動画撮影を実現

CMOSセンサーの画素が撮像と位相差AFの両方を行う「デュアルピクセルCMOS AF」と、バリアングルタッチパネル式液晶モニターとの組み合せにより、手軽に一眼レフならではの美しいボケ味のある動画撮影が可能です。また、フルHD/60pの動画撮影時においても「デュアルピクセルCMOS AF」の駆動を実現しており、動画撮影表現の幅を拡大しています。

撮影後の付加価値を拡大するWi-Fi / NFC※3機能

Wi-Fi / NFCに対応しており、カメラ間での静止画や動画などの画像の送受信を可能とするだけではなく、スマートフォンやタブレットなどの携帯端末によるリモート撮影や画像転送が可能※4です。さらに、キヤノンのフォト&ムービーストレージ「Connect Station CS100」(別売、2015年8月発売)に本機をかざして接続し、画像を簡単に保存・整理することが可能です。

レンズ交換式デジタルカメラの市場動向

2015年のレンズ交換式カメラの出荷台数(全世界)は1,260万台となりました。2016年は約1,150万台を見込んでいます。(キヤノン調べ)

商品紹介ページ

関連情報

EOS 80Dキャンペーン詳細へ
リオ 2016 オリンピック 日本代表選手団応援キャンペーン詳細へ
最新の商品はキヤノンパーソナル向けショールームにて展示しております。パーソナル向けショールーム

この件に関するお問い合せ先

キヤノンお客様相談センター

電話番号
050-555-90002
戻る
このページのトップへ