ニュースリリース
2017年3月2日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

第25回セキュリティ・安全管理総合展「SECURITY SHOW 2017」に出展


キヤノンは、2017年3月7日(火)から10日(金)まで、東京ビッグサイトで開催される第25回セキュリティ・安全管理総合展「SECURITY SHOW 2017」にブースを出展します。「お客さまの課題に、最適な解を。」をテーマに、キヤノンおよびアクシス社・マイルストーンシステムズ社をはじめ、各アライアンスパートナーとの連携によるお客様のさまざまな課題に対するソリューションを紹介します。

キヤノンブース(イメージ図)

1.アクシス社、マイルストーンシステムズ社との連携によるソリューションを紹介

キヤノンは「お客さまの課題に、最適な解を。」をテーマに顧客の課題解決と映像ソリューションを活用したセキュリティにとどまらない新しい価値の提供を目指します。ブースでは、アクシス社、マイルストーンシステムズ社のシステムと、さまざまなアライアンスパートナーのソフトウエアやサービスを組み合わせたオフィス・店舗・工場・社会インフラ・医療などさまざまな分野における多彩なソリューションを展示します。キヤノンブースでは「人の動向を見える化する」「プライバシーを守る」「人の特徴を捉える」「広範囲の情報を捉える」「重要施設を守る」「映像履歴を活用する」「情報漏えいを防ぐ」の7つのゾーンに分類し、映像やデモンストレーションを通じて多様化する顧客ニーズへの解決策を提案します。

2.幅広い顧客のニーズに対応する多様な情報漏えい対策のソフトウエア

金融機関など、機密性が高く複数人での作業を必要とする現場において、映像内の指定した領域に映りこむ人数を正確にカウントするとともに作業者間の距離計測により単独作業か否かを判断し、不正防止のための警告を出すソフトウエア「Minimum Staff-Count Detector」を紹介します。このほか、作業者とそのPCの作業内容の履歴を関連づけて保存する「XProtect Screen Recorder」や、高いウイルス検出率とPCの軽快な動作を両立するウイルス・スパイウェア対策の「ESET※1」、ハードディスクを暗号化する「DESlock+ Pro※1」など、さまざまな情報漏えい対策のソフトウエアを展示します。

関連情報

戻る
このページのトップへ