ニュースリリース
2017年4月6日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

コンパクトフォトプリンターがMopria規格に対応
「SELPHY CP1200」向けのファームウエアを無償提供開始


キヤノンは、コンパクトフォトプリンター「SELPHY CP1200」を対象に、Mopria®※1規格に対応したファームウエアの無償提供を、4月6日より開始します。

SELPHY CP1200(ホワイト/ピンク)

おもな特長

今回のファームウエア提供の対象は、コンパクトフォトプリンター「SELPHY CP1200」(2016年2月発売)です。小型・軽量で携帯性に優れたコンパクトフォトプリンターがMopria規格に対応することで、職場や家庭でも、旅行やパーティーなどの外出先でも、多くのシーンでより簡単にプリントできるようになります。

「SELPHY CP1200」にファームウエアを無償提供

「SELPHY CP1200」のファームウエアを更新することで、Mopria Allianceが提供しているプラグイン(Mopria Print Service)をインストールしたスマートフォンやタブレットなどのモバイル機器※2から、Wi-Fiを通じ、簡単にプリントができるようになります。またMopriaで統一された規格に対応することで、モバイル機器からプリントするために各メーカーが用意している専用アプリケーションのインストールが不要となります。

Mopria認証製品を拡充し、使いやすい印刷環境を提案

キヤノンは、Mopria Alliance創立企業の一社として、いち早くMopria認証製品の開発に取り組み、既にレーザープリンター、インクジェットプリンター、オフィス向け複合機※3などのMopria規格に対応する製品を発売しています。キヤノンは今後もユーザーに対し、使いやすい印刷環境を提案していくとともに、コンパクトフォトプリンターをはじめ、Mopria認証製品を拡充していきます。

商品紹介ページ

最新の製品はキヤノンパーソナル向けショールームにて展示しております。パーソナル向けショールーム

この件に関するお問い合せ先

キヤノンお客様相談センター

電話番号
050-555-90013
戻る
このページのトップへ