ニュースリリース
2017年6月29日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

フルサイズセンサーと可動式液晶モニター搭載の一眼レフで世界最軽量を実現
高画質と優れた機動性を両立した“EOS 6D Mark II”を発売


キヤノンは、フルサイズセンサー搭載による高画質・高感度と世界最軽量を実現したデジタル一眼レフカメラ“EOS 6D Mark II”を2017年8月上旬より発売します。

EOS 6D Mark II
※ EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM装着時

発売情報

EOS 6D Mark II

価格
オープン価格
発売日
2017年8月上旬

おもな特長

“EOS 6D Mark II”は「EOS 6D」(2012年12月発売)の後継機種で、「小型・軽量のフルサイズモデル」というコンセプトを継承しながら、高画質、AF性能・連写性能、ライブビュー撮影・動画撮影機能、ネットワーク連携機能などを総合的に進化させたハイアマチュアユーザー向けの高性能モデルです。

フルサイズセンサーならではの高画質と豊かな表現力

新開発の有効画素数約2620万画素フルサイズCMOSセンサーと、最新の映像エンジンDIGIC 7の搭載により、常用最高ISO40000※1を実現しており、室内や夜景などのシーンからスポーツや動物といった動きの速い被写体まで、高画質な撮影を行うことができます。また、フルサイズセンサーならではの美しいボケ味や広いダイナミックレンジ、豊かな階調描写を実現しています。

優れた携帯性と快適な操作性、高い信頼性を実現

キヤノンのレンズ交換式カメラEOSシリーズのフルサイズセンサー搭載モデルにおいて、初めてバリアングル液晶モニターを採用しており、ライブビュー撮影時や動画撮影時の操作性や撮影アングルの自由度が高まるなど、実用性が大幅に向上しています。また、従来機種に比べ、性能・機能を進化させ、かつ同等の防じん・防滴性能※2を備えながらも、外装や内部構造の見直しにより、携帯性に優れた質量約765g(バッテリー、カードを含む)の世界最軽量ボディーを実現しています。

連写性能・AF性能が大幅に進化

映像エンジンDIGIC 7による高速信号処理により、有効画素数約2620万画素の高画素と最高約6.5コマ/秒の高速連写を実現しています。また、「オールクロス45点AFセンサー」※3を採用しており、動く被写体に対しても優れた捕捉性能を発揮します。また、「デュアルピクセルCMOS AF」により、ライブビュー撮影時にも高速で追従性に優れたAFを実現しています。

商品紹介動画

レンズ交換式デジタルカメラの市場動向

2016年のカメラ市場におけるレンズ交換式カメラの販売台数は、約1,150万台でした。2017年は、約1,100万台を見込んでいます。(キヤノン調べ)

商品紹介ページ

最新の製品はキヤノンパーソナル向けショールームにて展示しております。パーソナル向けショールーム

この件に関するお問い合せ先

キヤノンお客様相談センター

電話番号
050-555-90002
戻る
このページのトップへ