ニュースリリース
2017年8月29日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

マクロ撮影用の外部ストロボ“マクロツインライト MT-26EX-RT”を発売


キヤノンは、可動式の発光部2灯を備えた、マクロ(近接)撮影に最適な外部ストロボ “マクロツインライト MT-26EX-RT”を2017年11月上旬より発売します。

発売情報

マクロツインライト MT-26EX-RT

価格
12万9,800円(税別)
発売日
2017年11月上旬

おもな特長

新製品は、「マクロツインライト MT-24EX」(2001年12月発売)の後継機種として開発されたマクロ撮影用外部ストロボ※1、2です。最大ガイドナンバー※3約26.0(両側発光時)を実現した可動式の発光部を2灯備えており、撮影者の意図に沿った柔軟なライティングができるため、草花や昆虫、料理などの被写体を大きく写す際に、自然な陰影や立体感などを表現することができます。

撮影者の意図に沿った柔軟なライティングを実現する優れた基本性能

E-TTL II / E-TTL自動調光※4に対応するとともに、両側発光、片側発光だけでなく、2灯の発光量をそれぞれ調整可能な「光量比制御」機能を備えています。発光部は使用するレンズや被写体との距離に応じて位置や角度を細かく調整できるため、撮影者の意図に沿った柔軟なライティングが可能です。また、マニュアル発光時に、最小1 / 512まで発光量の調整範囲が広がったことにより、マクロ撮影時に起こりがちな「白とび」を抑えることができます。

電波通信ワイヤレス増灯(多灯)撮影に対応

従来の光通信方式に加え、新たに電波通信方式のワイヤレスマスター機能を備えています。電波通信でワイヤレス増灯撮影を行う際は、スレーブ機能を備えた外部ストロボ「スピードライトEXシリーズ」を最大5グループ※5、最大15台まで制御できます。また、電波通信の特長を生かし、カメラとストロボの間に障害物が多い場所でも配置できるため、撮影の自由度が向上しています。

商品紹介ページ

この件に関するお問い合せ先

キヤノンお客様相談センター

電話番号
050-555-90002
戻る
このページのトップへ