ニュースリリース
2017年8月31日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

新たにプレミアムシリーズを展開しラインアップを強化
家庭用インクジェットプリンター“PIXUS XK70”など 6機種を発売


キヤノンは、家庭用インクジェットプリンター「PIXUS(ピクサス)」シリーズの新製品として、高画質と低ランニングコストを両立したプレミアムシリーズ“XK70 / XK50”と、多機能モデル“TS8130 / TS6130 / TS5130 / TS3130”の計6機種を2017年9月22日より発売します。

発売情報

PIXUS XK70 / XK50
PIXUS TS8130 / TS6130 / TS5130 / TS3130

価格
オープン価格
発売日
2017年9月22日

おもな特長

写真をプリントする機会の多いユーザーに向け、低ランニングコストで高画質プリントが楽しめる新コンセプトの「PIXUS XK」シリーズを新たに展開します。「PIXUS TS」シリーズを含めてラインアップを強化することで、ユーザーのさまざまなニーズに対応します。

高画質と低ランニングコストを両立した新コンセプトモデル(“XK70 / XK50”)

新6色インクの採用により、赤領域の色域が拡大したことで、光沢紙における発色性が向上し、より鮮やかなプリントが可能となります。また、新開発のフォトブルーインクにより、粒状感を低減した滑らかな高画質プリントを実現しています。大容量インクタンク(別売り)を使用した場合には、L判印刷でのインク・用紙合計コストが約12.5円(税別)※1と、低ランニングコストで写真プリントが楽しめます。グレーメタリックをテーマカラーとして採用するなど、プレミアムシリーズとして上質感のあるデザインに仕上げています。

コンパクトなスクエアデザインと多彩な機能・サービス

新製品はいずれもコンパクトなスクエア形状のデザインを採用しています。タッチパネル方式の大型液晶※2とわかりやすいユーザーインターフェースにより、快適な操作性を実現しています。プリンター本体の前面と背面の両方向から印刷用紙を給紙できる「2WAY給紙」※3や正方形サイズの写真に対応する「ましかく写真」など、便利な機能を多数搭載しています。また、プリント枚数などに応じてポイントを取得できる「PIXUSプリント枚ルサービス」※4に新たに対応しています。

インクジェットプリンターの市場動向

インクジェットプリンターおよびインクジェット複合機の市場において、2016年の出荷台数は国内では約443万台、全世界では約5,867万台でした。2017年の出荷台数については国内では約406万台、全世界では約5,724万台と見込まれています

最新の製品はキヤノンパーソナル向けショールームにて展示しております。パーソナル向けショールーム

この件に関するお問い合せ先

キヤノンお客様相談センター

電話番号
050-555-90015
戻る
このページのトップへ