ニュースリリース
2017年9月26日
キヤノンマーケティングジャパン株式会社
キヤノンプロダクションプリンティングシステムズ株式会社

サイン&ディスプレイや建装材の印刷など幅広いニーズに対応
UV硬化型大判フラットベッドプリンター“Océ Arizona 1280GT”を発売


キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ株式会社(代表取締役社長:峯松憲二)は、サイン&ディスプレイ市場および建装材などへデジタル印刷を行う産業印刷市場向けに、オセ社(Océ Holding B.V.、本社:オランダ フェンロー市、CEO:Anton Schaaf、以下オセ)製のUV硬化型大判フラットベッドプリンター“Océ Arizona(アリゾナ)”シリーズの販売を開始します。その第一弾として“Océ Arizona 1280GT”を2018年1月より発売します。

Océ Arizona1280GT
※ロールメディアオプション装着時

発売情報

Océ Arizona 1280GT

価格
個別見積もり
  • システム構成などにより価格は変動します。
発売日
2018年1月上旬

おもな特長

キヤノンMJグループは、本年より開始した中期経営計画の成長戦略においてプロダクションプリンティング事業の成長を目指しており、特にデジタル印刷の需要が拡大している商業印刷・産業印刷事業の強化に取り組んでいます。
このたび、世界で6,500台の出荷実績を持ち、高生産性と高品質において高い評価を得ている"Océ Arizona”シリーズを国内で販売開始し、プロダクションプリンティング事業の強化・拡大を加速します。第一弾として“Océ Arizona 1280GT” を2018年1月より発売し、今後、順次ラインアップを拡充していきます。

“Océ Arizona 1280GT”は、最大8色のUV硬化インクを搭載することが可能で、オペレーターの操作性を向上させる精巧なフラットベッドテーブルとあわせ、多様なメディア対応と高画質印刷を実現しています。
サイン&ディスプレイ用途としてスチレンボードなど厚みのある板状メディアへの印刷に加え、屋内外向け広告などに使用するロールメディア印刷(オプション)に対応しています。さらに、新たな事業分野である産業印刷用途として、デジタル印刷の需要拡大が見込まれるガラスや木材、建築用パネルなどへの直接印刷にも対応します。

UV硬化型大判フラットベッドプリンターの国内市場動向

UV硬化型大判フラットベッドプリンターの国内市場動向は、今後国内で開催される世界的スポーツイベントに向けて、サイン、屋内外広告、販促材などの印刷需要の拡大が予想されます。また、特に産業分野において、従来のスクリーン印刷からデジタル印刷へのシフトにより、堅調な成長を見込んでいます。(キヤノンMJ調べ)

この件に関するお問い合せ先

キヤノンプロダクションプリンティングシステムズ株式会社
プロダクションプリンティング商品企画部 商品企画第二課

電話番号
03-6719-9642
戻る
このページのトップへ