ニュースリリース
2017年10月16日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

キヤノンのコンパクトカメラで初めてAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載
フラッグシップモデル“PowerShot G1 X Mark III”を発売


キヤノンは、プレミアムコンパクトカメラPowerShot Gシリーズの新製品としてフラッグシップモデル“PowerShot G1 X Mark III”を2017年11月下旬より発売します。

PowerShot G1 X Mark III

発売情報

PowerShot G1 X Mark III

価格
オープン価格
発売日
2017年11月下旬

おもな特長

新製品は、「PowerShot G1 X Mark II」(2014年3月発売)の後継機種として、本格的な写真表現を求めるユーザー向けに開発されたレンズ一体型カメラです。APS-CサイズのCMOSセンサー、大口径ズームレンズ、映像エンジンDIGIC 7の連携により、軽量コンパクトボディーながらフラッグシップモデルにふさわしい高画質を実現しています。

APS-Cサイズの大型CMOSセンサーと光学3倍ズームレンズによる豊かな表現力

キヤノンのコンパクトカメラ初となるAPS-Cサイズ・有効画素数約2420万画素※1のCMOSセンサーの採用に加え、新設計の大口径光学3倍ズームレンズ(24-72mm相当※2/F2.8-F5.6)を搭載し、美しいボケ味や豊かな階調を表現した撮影が可能です。また、映像エンジンDIGIC 7搭載により、高感度撮影時のノイズ耐性や高解像度を実現し、静止画撮影時の常用ISO感度25600を達成しています。

軽量コンパクトボディーに充実した撮影機能を搭載

約115.0mm(幅)×77.9mm(高さ)×51.4mm(奥行き)、質量約399g※3と、従来機種に比べて質量約27%、体積約16%という軽量・小型化※4を実現した軽量コンパクトボディーでありながら、高精度・高画質を実現する「デュアルピクセルCMOS AF」や、防じん・防滴性能※5など、充実した撮影機能を備えています。また、ファインダー撮影時には、内蔵する高精細EVFとタッチ操作が可能なバリアングル液晶モニターが連動し、EVFをのぞきながらEVF上に表示されたAF枠を液晶モニターのタッチパネル操作で移動できる「タッチ&ドラッグAF」機能を搭載し、直感的なピント合わせが可能です。

コンパクトデジタルカメラの市場動向

2016年の世界市場規模は約1,500万台でした。2017年は約1,300万台を見込んでいます。近年では、大型の撮像センサーを搭載した「高級コンパクト」と呼ばれるカメラや、高倍率ズームレンズを搭載したカメラなど、レンズ一体型のコンパクトカメラならではの、付加価値の高い性能を備えた機種が人気を集めています。また、スマートフォンやタブレットなどの携帯端末の普及に伴い、無線でのネットワーク連携を拡充するなど、カメラの新しい価値を提案する性能を持つ機種も注目されています。(キヤノン調べ)。

商品紹介動画

商品紹介ページ

最新の製品はキヤノンパーソナル向けショールームにて展示しております。パーソナル向けショールーム

この件に関するお問い合せ先

キヤノンお客様相談センター

電話番号
050-555-90005
戻る
このページのトップへ