ニュースリリース
2017年11月21日
キヤノンマーケティングジャパン株式会社
キヤノンプロダクションプリンティングシステムズ株式会社

新開発のUVジェルインク搭載により高生産性と幅広いメディア対応を実現
64インチ対応UV硬化型大判プリンター“Océ Colorado 1640”を発売


キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ株式会社(代表取締役社長:峯松憲二)は、主にサイン&ディスプレイ市場を対象に、オセ社(Océ Holding B.V.、本社:オランダ フェンロー市、CEO:Anton Schaaf、以下オセ)製の64インチ対応UV硬化型大判プリンター“Océ Colorado(コロラド) 1640”を2018年4月より発売します。

Océ Colorado 1640

発売情報

Océ Colorado 1640

価格
980万円(税別)
発売日
2018年4月

おもな特長

キヤノンMJグループは、中期経営計画においてプロダクションプリンティング事業を成長戦略の柱の一つに位置付け、事業の強化に取り組んでいます。
このほど、主にサイン&ディスプレイ市場を対象とした、オセ初の64インチ(約1.6m幅)ロールtoロールプリンター“Océ Colorado 1640”を発売することにより、プロダクションプリンティング事業の強化・拡大を進めます。
岩崎通信機のデジタルラベル印刷機「LabelMeister(ラベルマイスター)」(2017年2月発売)、木材やアクリルなどの印刷にも対応するUV硬化型大判フラットベッドプリンター「Océ Arizona 1280GT」(2018年1月発売予定)とあわせて展開することで、ラベル、サイン&ディスプレイ、建装材向けの印刷など、幅広いニーズに対応します。

近年、サイン&ディスプレイ市場において、多品種少量印刷や短納期要求など多様な顧客ニーズに対応するためにデジタル化が進んでいます。特に広告やイベント向けの印刷は発注が短納期で集中する傾向にあり、生産性向上が求められています。
“Océ Colorado 1640”は、新開発の「UVジェルテクノロジー」により、高生産性、高画質、幅広いメディア対応を実現しています。最高速モードで最速毎時159m2、高品質モードで毎時40m2の高い生産性を実現しているほか、低温でのLED硬化により熱に弱いとされるオフセットコート紙や粘着紙、壁紙など幅広いメディアへの出力に対応します。また、従来と比較して最大40%のインク使用量の削減を実現しており、ランニングコストの低減に貢献します。

キヤノンMJグループは、サイン&ディスプレイの屋内外向け広告印刷や、壁紙や床装飾など産業印刷向けに販売していきます。

ロールtoロールプリンターの国内市場動向

45インチ以上のロールtoロールプリンターの2016年の国内市場は約2,000台でした。今後、国内で開催される世界的スポーツイベントに向けて、サイン、屋内外広告、販促材などの印刷需要の拡大が予想されます。(キヤノンMJ調べ)

商品紹介ページ(キヤノンプロダクションプリンティングシステムズ株式会社サイト)

この件に関するお問い合せ先

キヤノンプロダクションプリンティングシステムズ株式会社
プロダクションプリンティング商品企画部 商品企画第二課

電話番号
03-6719-9642
戻る
このページのトップへ