ニュースリリース
2018年3月29日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

12G-SDI端子を搭載した製品ラインアップを拡充
業務用4Kディスプレイ“DP-V2421 / V1711”を発売


キヤノンは、業務用4Kディスプレイの新製品として、12G-SDI端子を搭載した24型の“DP-V2421”と、17型の“DP-V1711”を2018年4月下旬より発売します。

発売情報

DP-V2421

価格
オープン価格
発売日
2018年4月下旬

DP-V1711

価格
オープン価格
発売日
2018年4月下旬

おもな特長

新製品“DP-V2421”は12G-SDI端子を搭載した24型の業務用4Kリファレンスディスプレイで、高輝度・高コントラストを実現し、放送局や映像制作現場での4K / HDR※1映像の画質確認に適しています。“DP-V1711”は12G-SDI端子を搭載した17型の業務用4Kディスプレイで、4Kの高画質性能を持ちながら小型サイズを実現し、撮影現場での持ち運びのほか、放送局や中継車などスペースの限られた場所での運用に適しています。12G-SDI端子を搭載した製品ラインアップを拡充することで、2018年から4K実用放送を開始する国内放送局をはじめ、国内外の4K映像制作現場のニーズに対応します。

4K / 60Pの映像をケーブル1本で送受信できる12G-SDI端子を搭載

12G-SDI端子(IN / OUT各4系統)の搭載により、3G-SDI端子搭載の4KディスプレイではSDIケーブルを4本必要としていた4K / 60P映像の送受信が、12G-SDI対応ケーブル1本で可能になります。ケーブルの本数を削減できるため、設置の手間やコストの削減に加え、省スペース化にも貢献します。

HDR表示に必要な各種規格や方式に対応

放送向けのHDR方式である「Hybrid Log-Gamma」や、映画制作や配信向けのHDR方式である「PQ(Perceptual Quantization)」に対応し、業界標準の方式※2をサポートしています。また、キヤノン独自のLogガンマ「Canon Log / Log 2 / Log 3」にも対応しています。さらに入力信号の輝度レベルを表示する波形モニターや、入力画像を輝度別に異なる色で表示するフォルスカラー機能など、HDR映像を確認する際に便利な機能を多数備えており、HDR映像制作の効率が向上します。

ご参考

2018年4月9日(月)から12日(木)まで米国ラスベガスで開催される放送・映像制作機器の展示会「NAB Show 2018」のキヤノンブースにおいて、“DP-V2421 / DP-V1711”を展示予定です。

業務用4Kディスプレイの市場動向

映像制作業界ではデジタル化が浸透してきており、ハリウッドをはじめ、動画や音声をインターネット上で提供するOTT(Over The Top)サービスなどでは、フルHDに続き、4K / HDRなどの高画質な次世代フォーマットへの対応が進んでいます。また、放送業界でも4K放送の実用化に向けて、4K映像信号を1本の同軸ケーブルで伝送できるインターフェース12G-SDIを用いて、従来のHD放送の運用性を損なわないシステム移行がスタジオや中継車などで始まっています。入力から出力まで映像制作ワークフローの4K化が進み、高精度な映像制作機器の需要が伸びており、4K映像を忠実に再現できる高画質・高精細の4K映像制作ディスプレイのニーズも高まっています。(キヤノン調べ)

商品紹介ページ

この件に関するお問い合せ先

キヤノンお客様相談センター

電話番号
050-555-90006
戻る
このページのトップへ