ニュースリリース
2018年3月29日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

業務用4Kディスプレイを用いた映像制作・編集作業を効率化
新たなファームウエアの無償提供/有償アップグレード対応


キヤノンは、業務用4Kディスプレイ6製品(DP-V1710 / V1711 / V2410 / V2411 / V2420 / V2421)を対象に、HDR(High Dynamic Range)表示機能などが向上するファームウエア※1の無償提供および2製品(DP-V1710 / V1711)の有償アップグレード対応を2018年6月上旬より開始します。これにより、4K / HDRの撮影や映像編集作業の効率化を実現し、映像制作現場でのワークフローを強力に支援します。


ファームウエアの無償提供

映像制作現場におけるHDR化の流れに伴い、HDRモニタリングアシスト機能を拡充し、HDRの表示機能などが向上するファームウエア(無償)を提供します。画面内の任意位置の輝度値や画面全体の最大/平均輝度値を表示できるようになり、HDR映像制作における作業効率の向上に貢献します。また、カメラやスイッチャーから入力信号を切り替えた際に、解像度(4K / 2K)やビデオペイロードID※2、HDMIメタデータ※3に応じて画質設定を自動で切り替えることが可能です。さらに12G / 6G-SDIの4K映像信号を2K映像に縮小し、1台のディスプレイで同時に4画面または2画面に表示することができます※4。ほかにも、PCやタブレット端末から映像確認や操作が可能となる「Webリモート制御※5」などの機能を追加し、他社製デジタルシネマカメラとの連携を強化することで、映像制作現場でのワークフローを強力に支援します。

有償アップグレード対応※6(対象:DP-V1710 / V1711のみ)

17型の「DP-V1710 / V1711」を対象に、最大輝度が600cd / m2※7に向上するアップグレードライセンス(有償)を提供します。最大輝度が向上することにより高輝度部の表現力が向上し、明るい撮影現場、スタジオや中継車などで高輝度の映像を確認する際に役立ちます。

ご参考

2018年4月9日(月)から12日(木)まで米国ラスベガスで開催される放送・映像制作機器の展示会「NAB Show」のキヤノンブースにおいて、今回のファームウエアを適用したディスプレイのデモを実施する予定です。また、日本国内では2018年5月23日(水)、24日(木)に東京・秋葉原で開催される展示会「After NAB Show 2018」で展示予定です。

この件に関するお問い合せ先

キヤノンお客様相談センター

電話番号
050-555-90006
戻る
このページのトップへ