ニュースリリース
2018年5月16日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

高輝度・高解像度と小型・軽量を両立
5000lmのDLP®方式レーザープロジェクター「LX-MU500Z」を発売


キヤノンは、「パワープロジェクター」シリーズの新製品として、5000lmのDLP®※1方式のレンズ一体型のレーザープロジェクター“LX-MU500Z”を2018年7月上旬より発売します。

LX-MU500Z

発売情報

LX-MU500Z

価格
オープン価格
発売日
2018年7月上旬

おもな特長

“LX-MU500Z”は、DLP®方式のレーザー光源を採用した5000lmプロジェクターで、高輝度・高解像度と小型・軽量を両立しています。光源寿命が長いためメンテナンス負荷が軽減でき、プロジェクターを縦置き※2設置する「ポートレート投写」をはじめ、360°全方位の設置に対応しています。5000lmクラスの需要が高まる会議室や教育現場、商業施設など幅広いシーンで活用できます。

高輝度・高解像度と小型・軽量を実現

新製品は、外形寸法約450(幅)×125(高さ)×379(奥行)mm※3、質量約8.9kgと小型・軽量ながら、オフィスの会議室や教育現場などで需要が高まる5000lmの明るさとWUXGA(1920×1200画素)の解像度に対応しています。青色レーザーダイオードと蛍光体を組み合わせたレーザー光源システムとキヤノン色再現技術により、明るさを維持したまま、色鮮やかな発色で自然な色味に近い、高解像な映像投写を実現しています。

約2万時間※4の光源寿命によりメンテナンス負荷を大幅に軽減

レーザー光源は、ランプ光源と比べて光源寿命が長く、約2万時間光源を交換することなく映像投写ができます。さらに、光学部品を密閉構造にすることで、エアフィルターが不要となり、メンテナンスにかかるコストや負荷を大幅に軽減します。

さまざまな設置環境や映像表現のニーズに対応

上下50%、左右23%のレンズシフトと、1.6倍ズームレンズにより、環境に応じた自由度の高い設置が可能です。レーザー光源の採用により、360°全方位に設置することができ、天井や床への投写など多彩な映像表現が可能です。また、縦置き設置で、縦長の映像をそのまま投写できる「ポートレート投写」にも対応し、企業広告や商業施設での販売促進、美術館や博物館での映像投写など、幅広い用途に活用することが可能です。

ビジネスプロジェクターの市場動向

2017年のビジネスプロジェクターの市場規模は、世界市場で約644万台、国内市場で約23万台でした。2018年は、世界市場で約654万台、国内市場で約24万台と予測しています。接続機器の高解像度化に伴い、会議室や教育現場などにおいても、WUXGAクラスの解像度製品や室内を暗くしなくても鮮明な映像を投写できる高輝度モデルが市場拡大に寄与すると予測しています。(キヤノン調べ)

商品紹介ページ

この件に関するお問い合せ先

キヤノンお客様相談センター

電話番号
050-555-90071
戻る
このページのトップへ