ニュースリリース
2018年7月10日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2018
「第10回 インフラ検査・維持管理展」に出展


キヤノン株式会社およびキヤノンマーケティングジャパン株式会社は、2018年7月18日(水)から20日(金)まで、東京ビッグサイトで開催されるメンテナンス・レジリエンスTOKYO 2018「第10回 インフラ検査・維持管理展」に出展し、インフラ構造物の点検を行うソリューションを提案します。

ブースイメージ

メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2018「第10回 インフラ検査・維持管理展」は、インフラ構造物(橋梁・トンネル・建物外壁など)の老朽化対策に関する最新の技術・取り組みを紹介する展示会です。インフラ構造物の老朽化に伴い、維持管理における点検作業が社会課題となっています。キヤノン株式会社およびキヤノンマーケティングジャパン株式会社は、株式会社東設土木コンサルタントと共同出展し、高精細画像を用いて橋梁やトンネルなどのインフラ構造物の点検を行うソリューションを提案します。

AIによるひび割れ自動検知技術を参考展示

キヤノン株式会社は、株式会社東設土木コンサルタントとの共同研究を通じて開発中の、AIによる画像からのひび割れ自動検知技術を参考展示します。有効画素数約5060万画素のCMOSセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ「EOS 5Ds」(2015年6月発売)をはじめとする豊富なカメラ、レンズ群で撮影した高精細なインフラ構造物の画像から、AIを活用してひび割れなどを検知することにより、画像による点検作業が効率化され、建設土木業界の人材不足の解消に繋がることが期待されます。

ドローンに搭載するカメラの遠隔制御システムを参考展示

キヤノンマーケティングジャパン株式会社と株式会社日本ビデオシステムが共同で開発している、カメラの各種設定(シャッタースピード・ISO感度・絞り・レリーズ)を遠隔操作により行うシステムを参考展示します。ドローンを用いたインフラ点検などにおいて、機体と距離が離れた地上からでも専用コントローラーを使って無線でカメラ設定の変更ができるようになります。これまでは難しかった、撮影環境に応じた最適な設定での撮影が可能となることで、インフラ構造物のひび割れなどの変状をより鮮明に認識することができるようになり、点検作業の正確性の向上や効率化に貢献します。

第10回 インフラ検査・維持管理展 開催概要

会期
2018年7月18日(水)~20日(金)
会場
東京ビッグサイト 東ホール
入場料
3,000円(税込)
※招待状持参者、事前登録者、官庁・地方公共団体、学生は無料
主催
一般社団法人日本能率協会

イベント紹介ページ

戻る
このページのトップへ