節電コンシェルジュ導入事例社会福祉法人修央会 様

7か月間で約100万円の電気料金削減効果を実現社会福祉法人 修央会 特別養護老人ホーム船橋百寿苑 様

お客さまは100床ほどの介護施設。
介護施設では、24時間365日稼働しているため、電気料金の高騰が悩みの種。また、常に入居者様への対応が必要なうえ、特に今回のような特別養護老人ホームとなると、寝たきりの方への体調管理も重要となる。
そのため入居者様への環境配慮を行いながらも、LED化やエアコンの温度管理など、独自に積極的な節電対策を実施していたが、今回の節電コンシェジュで効果的な節電対策を実施することで、7か月間で約100万円の削減効果があった。

導入の決め手は、節電ルールを一緒に作り上げること

事前の節電診断では、年間90万円弱の削減が可能とのことでした。しかし、既にLED化に取り組むなど、省エネに努めていたので、運用中心の節電には、かなり懐疑的でした。ただ、説明を聞くうちによくある「節電サービス」とは違い、導入後の運用継続を主眼としたサービスだと理解できましたので、導入を決めました。特に、体系だった節電ルールの指南や導入後も支援してくれるサポートセンターサービスの提供は魅力でした。
結果として、診断以上のコスト削減効果が得らました。また、もう一つの拾い物が有りました。それは、季節の変わり目の入院者が大きく減じたことです。きっとルールに基づいた節電運用で、適切な冷暖房利用が行われ、急激な温度変化が抑えられたことが、要因だろうと考えています。

事前の節電無料診断結果
左:節電活動表彰受賞者
右:相談室長

船橋百寿苑様では、節電コンシェルジュを活用し、節電による成果を集計しております。その結果を、半期ごとにまとめ優秀者を表彰するという制度を採り入れられております。この様な取り組みが、節電活動に対するモチベーションの向上につながっているようです。

目からうろこの節電運用改善で100万円の削減効果!

エアコンによる節電といえば、温度設定しかないと思ってましたが、節電コンシェルジュを導入した事により、それ以上に効果的な方法があることに驚きました。少しの工夫で部屋の空調効率をあげることができるなど、本当に目からうろこな事ばかり。でも、振り返ってみれば、どれも当たり前なのかもしれません。
ただ、そういった発想と効率的な手順を提供してくれたのが「節電コンシェルジュ」でした。その効果も、導入から7か月間で、前年比100万円もの削減につながっており。当初の目標をあっと言う間に超えられました。

サンプルデータとして、導入直後と2ヶ月後の比較

お客さまプロフィール

会社名(組織名)
社会福祉法人修央会
施設名
特別養護老人ホーム船橋百寿苑
施設規模
100床(長期80、短期20)
TEL
047-469-0100
URL
http://shuokai.org/hyakujyuen.htm 社会福祉法人修央会のサイトへ
節電コンシェルジュ導入時期
2014年11月

各種お申し込み

このページのトップへ