節電コンシェルジュ導入ステップ・価格

キヤノンマーケティングジャパンが自社オフィスを4割省エネした取り組みをサービス化!!

ご導入までの流れ

内容説明節電診断:節電余地を確認→現地調査:電波強度や設置スペースを確認→ご成約→本設置:計測機器設置と操作説明→節電ルールの作成:運用開始準備の支援→運用開始:節電活動開始・監視代行開始

ご成約前

  1. 節電コンシェルジュの内容説明を行います。
  2. 東京電力よリシェイプアップカルテ(電力使用情報)を取得します。
  3. シェイプアップカルテに基づき診断を行い、結果をご説明します。
  4. 診断結果を踏まえてご検討いただきます。
  5. ご発注前に現地調査を行います。

ご成約後

  1. 機器の設置から2週間以内を目安に、コンシェルジュが訪問し、施設内を一緒に内覧(再確認)します。
  2. 上記と併せて、節電対策チャートの作成方法や手順を説明します。
  3. チャートの完成まで、サポートセンターが遠隔支援を致します。
  4. 完成後の運用テストにより、規定したルールや手順について必要に応じた見直しを行います。

価格

リーズナブルに導入できます。5年お使いいただいても100万円未満です。

初期費用
50万円※1
月額費用
8千円※2

各種お申し込み

メールでのお問い合せ

OES事業推進室

節電コンシェルジュについてのお問い合せをフォームにて受け付けております。
ご質問・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

このページのトップへ