オフィス向け複合機imageRUNNER ADVANCE C2230/C2220スキャン/センド/ストレージ

本商品は生産終了しております。

imageRUNNER ADVANCE C2230/C2220

SCAN

宛先指定や各種設定ができるスキャンして送信画面

宛先指定や各種設定が簡単に行えるスキャンして送信画面。右上の「よく使う設定」に登録しておけば、作業効率はさらに向上します。

あらかじめ設定しておけば、スキャンデータをPCに自動格納

豊富なバリエーションの中からニーズに合せて選べる「Adobe®PDF対応」

ファイルサイズを小さくする「高圧縮PDF」

データ容量を約1/10まで圧縮してネットワークやサーバーへの負担を軽減。効率的なファイル送信や保存領域の節約に貢献します。

文字や下地を抽出して圧縮することで1/10の容量にする高圧縮PDF

検索性を高める「サーチャブルPDF」

OCR処理によりテキスト情報を付加して全文検索を可能に。必要な情報をすばやく探し出し、文字データを再利用することもできます。

「スキャンソリューション機能拡張キット・A1」が必要です。

編集ができる「Reader Extensions付きPDF」※1※2

閲覧用の無償ソフトAdobe®Reader(V7以降)を利用し、注釈の追加や署名、修正といった簡単な編集が行えます。

注釈や署名など簡単な編集ができるReader Extensions付きPDF

不正閲覧を抑止する「暗号化PDF」

ファイルを開く際にパスワードの入力が必要なPDFを生成。不正閲覧を抑止し、情報の機密性を高めます。

パスワードを設定し、不正閲覧を抑止する暗号化PDF

紙文書を効率よく再利用できる「Office変換」

「Office Open XML対応」でPowerPointに

スキャン時にOCR処理でテキスト情報を付加し、図形データのアウトライン処理も行って、手軽にPowerPoint形式に変換することができます。紙文書データを入力・編集する手間を大幅に軽減し、再利用を促進します。

スキャン原稿から文字情報を抽出し、PowerPoint形式に変換できるOffice Open XML対応

「Document Navigator+e.Typist for MEAP」でWordやExcelにも

「Document Navigator」に別売のPCアプリケーションと連携すれば、スキャン文書を、PowerPointのほか、Word、Excel、PDFデータに自動変換できます。OCR処理を行うので、テキストの追加や修正なども簡単。多彩なファイル形式で、紙データの有効活用を促進します。

PowerPointのほか、Word、Excel、PDFデータに自動変換

SEND

さまざまなファイル送信が行える「マルチプロトコル対応」

SMBやFTP、WebDAV、さらにはEメールでもファイル送信が可能

SMBプロトコルによりサーバーレスでオフィス内の情報共有を実現する「SMB送信」のほか、FTP・WebDAVプロトコルを利用した送信にも対応します。また、パソコン同様にさまざまな設定をしてEメール送信も行えます。

保存先をわかりやすく指定できる「Document Navigator」

スキャン文書の保存先を、パソコンのフォルダー階層を表示してダイレクトに指定。業務に応じてファイル名を付けてわかりやすく保存できます。パソコンに戻ってからのフォルダー仕分けやファイル名付与の作業が不要です。

パソコンのフォルダー階層を表示してスキャン文書をダイレクトに保存できるDocument Navigatorの保存画面

STORAGE

スキャンデータを手軽に保存してデータ活用の幅を広げる「USBメモリー」

本体の側面にUSBポートを装備。スキャンデータをUSBメモリーに手軽に保存できます。また、USBメモリー内のデータは、タッチパネルへのプレビュー表示で確認し、必要に応じてプリント可能。パソコンレス、他のiR-ADVでのデータ活用を促進します。

スキャンデータを直接USBメモリーに保存したり、USBメモリー内のデータをダイレクトにプリント可能

効率的なデータ共有を実現する「HOME連携」

スキャンデータや受信FAXデータをクラウド上のストレージに保存。保存したデータは、必要に応じて印刷できます。さらに、クラウド上のストレージには、さまざまなデバイスからアクセス可能。効率的なデータ共有を実現します。

さまざまなデバイスからアクセスしてデータ共有できるクラウド上のストレージ

機能対応一覧

imageRUNNER ADVANCE各シリーズに搭載されている機能を一覧表で確認できます。
iR-ADV C2200シリーズに搭載されている機能が一目でわかります。

このページのトップへ