オフィス向け複合機imageRUNNER ADVANCE C2230/C2220管理部門向け

本商品は生産終了しております。

imageRUNNER ADVANCE C2230/C2220

MANAGEMENT

設定や管理の手間を軽減する「リモートUI」&「リモートオペレーション」

「リモートUI」により、各種プリント機能の設定などをデスク上のパソコンから一元的にマネジメントできます。また、「リモートオペレーション」機能を拡張すれば、パソコンに本体と同様のユーザーインターフェースを表示し本体を遠隔操作することも可能。本体操作の問い合せに離れた場所から対応するなど、速やかな管理・運用を支援します。

リモートUIとリモートオペレーションにより、プリント設定や本体の遠隔操作が可能に

管理負荷を軽減するオンラインサポートシステム「NETEYE」

NET EYEマーク

インターネットにより本体の状況を監視センターに自動通知し、メンテナンスや万一のトラブルへの速やかな対応を実現。本体ソフトウエアも最新版に自動更新可能です。オンラインで機器の正常稼動を支え、管理負荷を軽減します。

  • 別途お申し込みが必要です(無償)。

部門別の出力を簡単に管理できる「部門別ID管理」

部署やグループなどの部門別に、コピー・スキャン・プリントの出力管理・出力枚数制限が行えます。最大1000部門の登録が可能で、部門別IDと暗証番号によるアクセス管理・制御を手軽に実現します。

部門別ID管理画面

利用状況の分析でコスト削減などを促進する「imageWARE Accounting Manager for MEAP」

出力枚数や履歴をもとに、コスト削減やセキュリティー強化を実現する集計・分析ツールです。各自の月間利用枚数などをパネル表示し、コストやセキュリティーへの意識向上を促すこともできます。

各自の月間利用枚数などをパネル表示してコスト削減などを実現するimageWARE Accounting Manager for MEAP(2例分)

ドキュメント活用をデスクで効率化する「imageWARE Desktop」

例えば、FAXのペーパーレス受信から閲覧、書き込み、返信まで、また、多彩なアプリケーションで作成したデータの結合から編集、プレビュー、印刷まで、さらに、PDFの生成からファイル名入力、回覧、検索まで、日常的なドキュメントワークをパソコンに集約し、iR-ADVと連携させることで、業務効率を大きく向上させます。

imageWARE Desktopの概念図

SECURITY

セキュリティーのイメージ図

ジョブデータの機密性を高める「残存データ自動消去」

コピーやプリントなどを行う際にHDD内に生成される原稿のデジタルデータをジョブ終了と同時に上書き消去します。また、HDD内部データの不正アクセスを防ぐHDDロック機能を搭載しています。

本体内情報の漏えいリスクを低減する「HDDデータ暗号化」

HDD内のデータを暗号化し、万一の盗難などによる情報漏えいリスクを低減します。「HDDデータ暗号化」は、セキュリティー機能の評価適性度を保証するISO15408(コモンクライテリア)認証(EAL3)を取得した〈Canon MFP Securuty Chip〉を搭載しています。

ENVIRONMENT

オフィスの省エネルギーを促進する「低消費電力設計」

エネルギー消費効率を76kWh/年(区分名:c)に抑えました。スリープ時1W以下の低消費電力も達成しています。

環境対応ニーズに幅広く応える「各種基準への適合」

エコマーク、国際エネルギースタープログラム、グリーン購入法、RoHS指令の各種ロゴマーク

エコマークや国際エネルギースタープログラム、グリーン購入法に適合。さらに、6種類の特定化学物質の使用を禁じる「RoHS指令」に対応しています。

環境負荷の低減に貢献する「バイオマスプラスチック」

バイオマスプラスチックのロゴマーク

使う際に手を触れるタッチペンや本体のボタン類、外装カバーの一部に、日本バイオプラスチック協会が認定したバイオマスプラスチックを採用しています。

  • 環境負荷の低減に有用な植物原料由来の原料で、外装カバーは最高難燃グレード5V(UL規格94)を達成しています。

環境配慮と長寿命・省電力を両立「LED照明」

液晶バックライトにLED照明を採用。さらに、ライトガイド(導光体)により照度を高め、照明効率を大きく向上させています。

機能対応一覧

imageRUNNER ADVANCE各シリーズに搭載されている機能を一覧表で確認できます。
iR-ADV C2200シリーズに搭載されている機能が一目でわかります。

このページのトップへ