オフィス向け複合機imageRUNNER ADVANCE C5560/C5550/C5540/C5535特長

imageRUNNER ADVANCE C5560/C5550/C5540/C5535

imageRUNNER ADVANCE第3世代(Gen3) 共通の特長

Gen3共通機能

オフィスにおけるドキュメントワークの中心を担う複合機だからこそ、大切なのは一人ひとりに合せた使いやすさを提供すること。imageRUNNER ADVANCE第3世代にはお客さまの声をもとに磨き上げた機能を、幅広いラインアップに共通搭載しています。

急ぎのニーズに応える「ファーストコピーの高速化」

原稿台を使用したコピーでは、モノクロ2.9秒・カラー4.5秒※1というファーストコピータイムを実現。さらに、自動原稿送り装置を使用した際も、フィーダーにセットした「原稿の読み取り」と「エンジン起動」の並行処理※2を可能にすることで、ファーストコピータイムを短縮化。スピーディーなコピーで急ぎのニーズに応え、待ち時間を減らしてオフィスの生産性を高めます。

ファーストコピーの高速化

安定した高画質と用紙対応力を支える「CSトナー」

安定した高画質と用紙対応力を支える

トナーの表面特性を改良し、優れた耐久性と転写性を両立させた新開発CSトナーを採用。大量に出力しても色味の変わらない安定した高画質とともに、幅広い用紙対応力を実現しました。一般の再生紙などでも、文字をくっきりと、図面やグラフの細部も明瞭に再現します。さらに、溶融特性の最適化を図り定着性を改良することで、消費電力を抑えながらの高速プリントにも貢献。常に安定した画質とスピードを支え、業務効率の向上やオフィスの省エネを促進します。

多彩な成果物を可能にする「新コンパクトフィニッシャー」

インナー2/4穴パンチャー・B1

オプションの「中綴じフィニッシャー・Y1」は性能を強化し、最大で20枚(64g/m²)までの中綴じに対応。「ステイプルフィニッシャー・Y1」とともに、針なしとじ、マニュアルステイプルも可能です。省スペースタイプの「インナーフィニッシャー・H1」なら本体幅を変えることなく、ホチキス(コーナー綴じ/2ヵ所綴じ)、針なしとじ、マニュアルステイプルに対応。さらに、新開発の「インナー2/4穴パンチャー・B1」を装着してパンチ機能を拡張できます。

スムーズな用紙補給ができる「引き込みアシスト付きのカセット」

引き込みアシスト付きのカセット

自動引き込みアシストの付いた新機構カセットを採用。用紙交換時のカセット開閉がスムーズに行えます。

最大2,850枚の給紙が可能な「大容量カセットペディスタル」

大容量カセットペディスタル

A4/レターサイズ(215.9×279.4mm)の大量出力に適した「大容量カセットペディスタル・A1」を新たにラインアップ。カセットの左右に縦置きして、最大2,850枚(64g/m²)を収納できます。

  • 本オプションを利用する場合、A3/B4/A4R/B5Rなどの横置きサイズは、本体標準の2段目カセットもしくは手差しを利用する必要があります。製本印刷時は、A3サイズを2段目カセット、A4Rを手差しにセットする必要があります。

薄紙コピー時の品位を高める「裏写り除去」

裏写り除去

無彩色のハイライトのみを白に近づける色変換が行えます。下地全体を飛ばす調整方法とは異なり、カラークオリティーへの影響が少ない裏写り除去が可能です。裏写りしやすい薄紙をコピーする際などに効果を発揮します。

音や画面表示でユーザーにお知らせする「原稿取り忘れ防止」

原稿取り忘れ防止

原稿台を使用してスキャンをした際に、スキャン終了後3秒以内に自動原稿送り装置や圧板の開閉が行われなかった場合は、警告音や、タッチパネル上のメッセージ表示で、原稿取り忘れの注意喚起を図ります。また、原稿排紙トレイに原稿が残っている場合には、LEDが点滅して通知。原稿の取り忘れによる情報漏えいのリスクを低減します。

管理負荷を低減する「通信管理レポートの電子化」

送信/受信やボックスへの保管の履歴情報である通信管理レポートをプリントするだけでなく、CSVファイルに電子化してパソコンで管理し、手軽に編集・加工することができます。管理負荷を低減し、スムーズな履歴確認により問い合せなどにも迅速に対応。また、プリントする際には最大2000件までを指定して一括出力が可能です。紙で保管する際の手間も軽減します。

通信管理レポートの電子化

省スペースで仕上げを効率化できる「コンパクトフィニッシャー」

コンパクトフィニッシャー

フィニッシャー内の複数の用紙パス経路を共通化するとともに、用紙パス切り替え部を小型化。フィニッシャー幅537mmというコンパクト設計を実現しました。効率のよいフィニッシングとオフィススペースの有効活用を両立します。

  • 「ステイプルフィニッシャー・Y1」、「中綴じフィニッシャー・Y1」の場合。

消費電力の低減に貢献「TEC値の改善」

標準消費電力量(TEC値)を1.6kWhに抑えました。スリープ時1W以下の低消費電力も達成しています。

お客さまの管理業務を支援するオンラインサポートシステム「NETEYE」

NETEYEマーク

ネットアイは、インターネットを利用して、imageRUNNER ADVANCEを遠隔モニタリングするシステムです。カウンターの自動検針、エラーや紙づまり、トナー残量などの情報を、ネットアイセンターやサービス実施店に自動通知します。またモニタリングサービスにお申し込みいただく事で、障害発生時の復旧サポートのご提供と複合機から簡単な操作で修理依頼が可能です。

  • 別途お申し込みが必要です(無料)。
管理業務を支援するオンラインサポートシステム

よくあるご質問を検索

imageRUNNER ADVANCE C5560/C5550/C5540/C5535に関して、よく寄せられるご質問と回答はこちらです。

機能対応一覧

imageRUNNER ADVANCE各シリーズに搭載されている機能を一覧表で確認できます。iR-ADV C5500シリーズに搭載されている機能が一目でわかります。

このページのトップへ