オフィス向け複合機imageRUNNER ADVANCE C7580/C7570/C7565特長

imageRUNNER ADVANCE C7580/C7570/C7565

imageRUNNER ADVANCE第3世代(Gen3) 共通の特長

Gen3共通機能

オフィスにおけるドキュメントワークの中心を担う複合機だからこそ、大切なのは一人ひとりに合せた使いやすさを提供すること。imageRUNNER ADVANCE第3世代にはお客さまの声をもとに磨き上げた機能を、幅広いラインアップに共通搭載しています。

24本のマルチレーザー照射による高画質「2400dpi高精細出力」

赤色VCSEL優位性

レーザースキャナーにVCSEL(垂直共振器面発光レーザー)を光源とした赤色マルチレーザーを新採用。従来の8ビームから24本へと増加したマルチレーザー照射と、赤外よりも波長の短い赤色レーザーが、より小さいスポット径を実現し、2400dpiの高精細な出力を可能にしました。さらに、斜行補正/直角補正/台形補正により、トナー転写時に生じる画像のゆがみを補正し、正確な描写を可能にしました。

さまざまな用紙で、色鮮やかな印刷を可能にする「CVトナー」

CVトナー

トナーの表面特性を改良することで用紙への転写性が向上し、画像のがさつきや文字の飛び散りを軽減しました。転写機構との相乗効果により、エンボス紙、ラフ紙においても色鮮やかな高画質を実現します。さらに、耐久性を向上させたことで、高速・大量印刷時においても、色味が安定した高い印刷クオリティーを提供します。

多彩な成果物を可能にする「フィニッシング機能」

オプションのフィニッシャー装着により、出力物の綴じ・折り、2穴/4穴パンチなどの仕上げ作業を自動化します。綴じは、「ステイプル(コーナー綴じ/2ヵ所綴じ)」、「中綴じ」に加え、圧着方式で用紙を綴じる「針なしとじ」、その場で原稿を手動で綴じられる「マニュアルステイプル」に対応。折りは、「Z折り」、「C折り」のほか、新たに「内三つ折り」「外三つ折り」、「四つ折り」、「中折り」が可能になりました。

フィニッシング機能

用途に合せて選択できる「4種類の外付けフィニッシャー」

「ステイプルフィニッシャー・V2」・「中綴じフィニッシャー・V2」は、針なしとじ、マニュアルステイプルに対応。「ステイプルフィニッシャー・X1」・「中綴じフィニッシャー・X1」は、外三つ折りなど多彩な紙折り機能や小口断裁を実現する排紙オプションとの接続が可能です。仕上げ機能のニーズ・用途に合せて選択できます。

ステイプルフィニッシャー・V2/ステイプルフィニッシャー・X1

薄紙コピー時の品位を高める「裏写り除去」

裏写り除去

無彩色のハイライトのみを白に近づける色変換が行えます。下地全体を飛ばす調整方法とは異なり、カラークオリティーへの影響が少ない裏写り除去が可能です。裏写りしやすい薄紙をコピーする際などに効果を発揮します。

管理負荷を低減する「通信管理レポートの電子化」

送信/受信やボックスへの保管の履歴情報である通信管理レポートをプリントするだけでなく、CSVファイルに電子化してパソコンで管理し、手軽に編集・加工することができます。管理負荷を低減し、スムーズな履歴確認により問い合せなどにも迅速に対応。また、プリントする際には最大2000件までを指定して一括出力が可能です。紙で保管する際の手間も軽減します。

通信管理レポートの電子化

お客さまの管理業務を支援するオンラインサポートシステム「NETEYE」

NETEYEマーク

ネットアイは、インターネットを利用して、imageRUNNER ADVANCEを遠隔モニタリングするシステムです。カウンターの自動検針、エラーや紙づまり、トナー残量などの情報を、ネットアイセンターやサービス実施店に自動通知します。またモニタリングサービスにお申し込みいただく事で、障害発生時の復旧サポートのご提供と複合機から簡単な操作で修理依頼が可能です。

  • 別途お申し込みが必要です(無料)。
管理業務を支援するオンラインサポートシステム

よくあるご質問を検索

imageRUNNER ADVANCE C7580/C7570/C7565に関して、よく寄せられるご質問と回答はこちらです。

機能対応一覧

imageRUNNER ADVANCE各シリーズに搭載されている機能を一覧表で確認できます。iR-ADV C7500シリーズに搭載されている機能が一目でわかります。

このページのトップへ