管理性

管理性

活用の広がりと、管理のしやすさを両立。

設置環境を問わずにネットワーク活用の幅を広げ、 モバイル連携も実現する無線LANを内蔵。
管理をサポートするオンラインシステムも利用できます。

多彩なコンテンツ表示で、
情報伝達を活性化する
「ビジュアルメッセージ」

社員の誰もが使用するiR-ADVの操作パネルを活かし、イベント告知や売上実績速報といった社内通達など、さまざまなビジュアルコンテンツを表示します。コンテンツはアドバンスドボックスやファイルサーバーに格納。操作開始前のログイン時、オートクリア時の画面に表示することで、効果的な情報コミュニケーションを実現します。

搭載機種 : 
imageRUNNER ADVANCE Gen3 全機種
(2nd Edition含む)

設定データの自動保存で、
運用の安心感を高める
「バックアップサービス」

アドレス帳やMFP本体の設定情報だけでなく、MEAPアプリケーションの設定情報も含めて定期的かつ自動的に安全なクラウド環境にバックアップ。万一のHDD故障時などには、バックアップデータからリストアすることで確実に復旧でき、利用時間のダウンタイム削減が可能です。運用管理の安心感・安全性を高めます。

搭載機種 : 
imageRUNNER ADVANCE Gen3 全機種
(2nd Edition含む)
  • 2018年夏対応予定。

設置場所や活用の可能性を大きく広げる「無線LAN」

LANケーブルを接続する必要がない無線LANを内蔵。設置する場所の自由度を高め、ネットワークを活かした情報活用の幅を広げます。また、アクセスポイントがない環境でも、ダイレクト接続を実現することでモバイル機器との連携をより身近にします。

搭載機種 : 
imageRUNNER ADVANCE Gen3 全機種
(2nd Edition含む)

情報活用の幅を広げる「モバイル連携」

モバイル機器に「Canon PRINT Business」※1をダウンロードし、QRコードにより接続設定をすれば、無線LAN経由のダイレクト接続で、モバイル機器からのデータ出力やスキャンデータの取り込みが行えます。さらに、Bluetooth LE※2を利用すれば、近くの複合機を検索して簡単に接続可能。NFC※3を追加すれば、モバイル機器を複合機にタッチして印刷できます。また、留め置き文書の印刷指示ができるプリントリリースや、モバイル機器のEメールアドレスを使った宛先の送信にも対応。多彩な連携により、情報活用の幅を大きく広げます。

搭載機種 : 
imageRUNNER ADVANCE Gen3 全機種
(2nd Edition含む)
  • ※1 App Store、Google playから無償でダウンロードできます。App Store、Google playへ接続する際の通信料はお客さまのご負担となります。
  • ※2 オプションが必要です。対応モバイル機器 : iOS8.0以降。
  • ※3 オプションが必要です。対応モバイル機器 : Android4.0以上。
このページのトップへ