オフィス向け複合機imageRUNNER ADVANCE 4245/4235/4225コピー/プリント/ファクス

本商品は生産終了しております。

imageRUNNER ADVANCE 4245/4235/4225

COPY

設定状況を簡単に確認できるコピー画面。大量のコピーワークも効率よく行えます。

コピーの設定画面

① コストを削減し見やすく仕上げる「自動両面コピー」&「ページ集約」

両面原稿も自動的に反転して読み取る、効率のよい「自動両面コピー」が行えます。また、2in1、4in1、8in1の中からレイアウトを選択し、複数の原稿を1枚の用紙に縮小して集約する「ページ集約」も可能。用紙コストを抑えながら、見やすい文書に仕上げられます。

② 稼動中でも待たずにコピーできる「割り込みコピー」

動作中のジョブを一時停止させ、コピーを割り込ませることが可能。急ぎの作業をストレスなく行えます。

③ 冊子のように読みやすく仕上げる「製本コピー」

原稿を自動的に面付けして両面コピーを行い、中綴じフィニッシャーの装着により、二つ折りの冊子のような中綴じ製本で仕上げることができます。

中綴じで製本

④ ページ番号を付加できる「ページ印字」

所定の位置にページ番号を付加できるページ印字

⑤ 文字や日付を印字し不正も抑止する「スタンプ・日付印字」

不正をブロックするスタンプ・日付印字

⑥ 影の除去や印字位置の調整を行う「枠消し・移動・とじ代」

美しい原稿作成をサポートする調整機能

⑦ 設定を省きコピー効率を高める「よく使う設定」&「設定の履歴」

複数の設定を組み合せて登録できる「よく使う設定」で、コピーのたびに設定する手間を軽減。設定履歴を3つまで呼び出せる「設定の履歴」も便利です。

⑧ カード両面を手軽に2in1コピーできる「IDカードコピー」

IDカードの表面と裏面を、1枚の用紙に並べて2in1コピーできます。用紙サイズに合せて自動的に配置されるので、手軽でスピーディー。免許証などをコピーする際に便利です。

IDカードコピーのしくみ

PRINT

プリンタードライバーの画面

わかりやすいグラフィカルなユーザーインターフェースを採用。用紙選択や給排紙方法、フィニッシング指定など、多彩なプリント設定が効率よく行える「プリンタードライバー」です。

OS環境や業務内容に合せて選べる「マルチPDL対応」

LIPS LXのロゴマーク

高速データ処理を実現するキヤノン独自の「LIPS LX」、Adobe®純正の「PostScript®3™」※1、LIPSソフト資産を継承できる「LIPS V」※2といった多彩なPDL(ページ記述言語)に対応。OS環境や業務内容など、オフィスニーズに合せて選べます。

  • ※1 「PS拡張キット・AY1」が必要です。
  • ※2 「LIPS V拡張キット・AY1」が必要です。

スマートフォンやタブレットPCから印刷できる「Canon Mobile Printing」

iPhone®やiPad®、Android™対応のプリント専用アプリケーションを用意。無線LANアクセスポイント経由で、WebページやPDFファイルなどをモバイル機器から簡単に出力できます。

無無線LANアクセスポイント経由でモバイル機器から出力できるCanon Mobile Printing

無駄な出力を抑止しコストを削減する「えらんでマイプリント for MEAP ADVANCE」

プリントデータを複合機内に一旦保存し、ユーザーごとのジョブリストから必要なジョブのみを選んで出力。無駄な出力を抑止することで、コスト削減に貢献します。特別な設定は不要なので、手軽に導入できます。

無駄な出力を抑止できる、えらんでマイプリント for MEAP ADVANCE

FAX

ファクスの設定画面

FAX専用のシンプルな画面を表示させ、FAX単体機器と同じような感覚でスムーズに操作。

ペーパーレスでコストも削減できる「FAXドライバー」

汚れやかすれがなく、用紙コストも削減できるペーパーレス送信をパソコンから行えます。さらに、IPファクスに対応するほか、効率のよいFAX履歴管理も可能です。

パソコンからペーパーレスでFAX送信ができるFAXドライバー

FAXワークを効率化する「せいとんファクス for MEAP ADVANCE」+「imageWARE Desktop」+「HOME-BOX2

受信FAXに自動的にファイル名を付与することで、FAX文書を簡単に整理できます。さらに、FAX受信の通知、閲覧・書き込み、返信までをパソコンで完結できるので、FAX処理で自席を離れる必要がありません。また、クラウドストレージへ転送することで、外出先からFAX文書を確認することも可能です。

別売アプリケーションを利用してFAXワークを効率化

高速通信を実現しコストも削減できる「インターネットFAX」&「イントラネットFAX」、「IPファクス」

インターネット/イントラネット経由またはIPネットワーク上でドキュメントを送受信できる、インターネットFAX、イントラネットFAX、IPファクスに対応しています。毎回の通信料金が発生しないため、通信コストの大幅な削減が可能です。

比較表

  Iファクス IPファクス※2
(国際標準ITU-T
T.38勧告準拠)
インターネットFAX※1
(国際標準ITU-T
T.37勧告 準拠)
イントラネットFAX
通信の即時性 ×
(メールサーバー経由)

(リアルタイム通信※3
画質 最大600×600dpi 最大600×600dpi 最大400×400dpi
送達確認
(「Fullモード」にて対応※4

(「Fullモード」にて対応※4

(リアルタイム通信※3
宛先の形式 メールアドレス IPアドレス ファクス番号など※5

「インターネットFAX」&「イントラネットFAX」

「インターネットFAX」
W-NET FAXマーク

電話回線を使わず、Eメールの仕組みを利用した通信が行えます。

「イントラネットFAX」
W-NET FAXマーク

メールサーバーを介さず、イントラネット内でSMTPプロトコルを利用。キヤノン機同士での高速・高画質通信を実現します。送達確認も可能です。

  • 設定が必要です。
イントラネットFAX

「IPファクス」※1

国際標準ITU-TのT.38勧告に準拠。T.38の既存環境への併用が可能。社内LANなどのイントラネット環境で、IPファクス機器同士のリアルタイム通信(①)を実現。通信コストを大幅に削減します。フレッツ光ネクストを契約のお客さまは、ひかり電話対応のIPファクス通信(②)が可能※2※3。また、電話番号で相手先を指定するSIPサーバーとも連携できます。

さまざまな高速通信を実現

機能対応一覧

機能対応一覧ページへのリンク

imageRUNNER ADVANCE各シリーズに搭載されている機能を一覧表で確認できます。
iR-ADV 4200シリーズに搭載されている機能が一目でわかります。

このページのトップへ