オフィス向け複合機iR-ADV 8505 II/8595 II/8585 IIオフィス適応性

imageRUNNER ADVANCE 8505 II/8595 II/8585 II

新・静音設計フィニッシャー※1

音源の可視化※2

フィニッシャー稼働音を可視化して、効果的に音源分析を行い静音性を実現しました。稼働トレイにベルト駆動を採用し音源位置を下部へ配置、イニシャライズ動作の削減、静音駆動方式搭載による動作時の突発的な衝撃音の低減などの対策により、大幅に稼働音を低減しています。

  • ※1 「ステイプルフィニッシャー・V2」または「中綴じフィニッシャー・V2」の場合
  • ※2 グラフはイメージです。

コンパクト設計で省スペース化※1

フィニッシャー機内に複数あった用紙経路を共通化することで、装置の小型化を実現しました。また、フィニッシャーに搭載されているパンチャーも小型化・内蔵化し、システムとしてコンパクトでありながら、多彩なニーズに対応します。

  • ※1 「ステイプルフィニッシャー・V2」または「中綴じフィニッシャー・V2」が必要です。

環境に配慮し、安全で便利に「針なしとじ」※1

環境に優しく安全な「針なしとじ」機能を搭載。用紙圧着方式を採用し、最大5枚の用紙を綴じることが可能です。紙を圧着して綴じるため、用紙を重ねた時も紙がかさばりません。また、綴じ部をこするだけで簡単に剥がすことができます。

低消費電力を実現する「IH定着方式」

定着ユニットに、キヤノン独自の「IH定着方式」を採用。定着ローラを直接加熱します。間接加熱の定着装置と比べ熱効率がよく、全周IH加熱による高速定着が可能になりスタンバイ時の空回転をなくしました。さらに定着ローラ内に用紙サイズに対応するISM(Induction Suppress Metal)を設けることで、ローラ端部の昇温を防止。B5サイズなどの用紙もスピードを落とさずに出力することを可能です。

環境対応ニーズに幅広く応える「各種基準への適合」

ENERGY STAR/RoHS対応 指令2011 / 65 / EU 特定6物質/グリーン購入法に適合しています/認定番号 16 155 066
このページのトップへ