オフィス向け複合機iR-ADV 8505 II/8595 II/8585 II信頼性

imageRUNNER ADVANCE 8505 II/8595 II/8585 II

ファクス送信文書の自動保存

送信したFAXをデータ化→PDF→自動で保存してデータ振り分け 送信日時、受付番号などの情報を付記

送信済のデータを画像化して、本体HDDや外部サーバーへ自動で保存します。ファイル名には、送信日時、受付番号、送信元情報、送信結果の情報が自動で付加されます。保存先のフォルダーも日付・送信元情報ごとに自動で作成され、さらに、ファイルを自動振り分けして保存できます。

本体内情報の漏えいリスクを低減する「HDDデータ暗号化」

FIPS140-2 認証取得のハードディスク暗号化チップが標準搭載されており、データは自動的に暗号化されるためハードディスク抜取りによる情報漏えいを防止します。

セキュリティーに配慮した「HDDデータの上書き消去」機能

通常のジョブによるデータ消去の場合:出力後に管理情報のみを消去→実際のデータはハードディスクに残っている HDD上書き消去機能使用時:Oデータまたはランダムデータを上書き→残存するジョブデータを消去する

データ消去機能により、データセキュリティーをさらに高めます。ジョブの処理中または終了と同時に、複合機内に一時保管されたイメージデータを自動的に上書きして消去します。また、データの消去方法は3段階から選択出来、セキュリティーレベルに合った方法が選択可能です。

出力文書の不正使用を抑止する「ジョブロック機能」※1

imageRUNNER ADVANCE 出力→TLコード:ジョブ制限情報 追加情報をドットパターンで作成 コピー→imageRUNNER ADVANCE

コピー/印刷時に、キヤノンが独自開発したTLコード(低可視のドットパターン情報)またはQRコードを出力紙に埋め込み、追跡や、無断コピー、印刷、送信、ファクスを制限します。重要な紙文書にジョブ制限情報を埋め込む事で、文書の複製、不正な宛先への送信、ファクスを禁止し、文書の持ち出しを防ぎます。

  • ※1 オプションが必要です。

消耗品の交換操作をアシストする「操作パネルの動画表示」

動画で手順を表示

使い方や、視線がどこを見て操作しているのかといった点を検証し、消耗品の交換手順、清掃方法などを操作パネルより動画で確認出来るようになりました。迷わずに直感的に操作する事が可能です。

このページのトップへ