オフィス向け複合機iR-ADV 8505 II/8595 II/8585 II操作性

imageRUNNER ADVANCE 8505 II/8595 II/8585 II

操作のしやすさを追求した「新操作パネル」

10.1inchにワイド化、フルフラット化された新操作部を採用しました。画面では、一般的なスマートフォンやタブレットと同様に軽くて快適な操作感を実現。フリックやピンチイン・ピンチアウトにも対応しています。

使う人に合わせて操作画面を最適化する「パーソナライズ機能」

Aさん「コピーをよく取るので、初期画面がコピー画面」 Bさん「記録資料を大量スキャンするため、初期画面がスキャン画面」 Cさん「英語圏の方のために英語表示設定」

ユーザー情報と紐付けて、管理出来る領域を拡大しました。「ログイン後の初期画面」「表示言語」「スキャンやコピー初期設定」「自分専用のアドレス帳」などをパーソナライズ情報としてデータベースで管理し、ログイン時にそれぞれのユーザー情報を呼び出して、デバイスに設定を反映します。お客さま一人ひとりの業務ワークフローや使い方、パーソナル情報にあわせて、直感的に使えるUIを提供します。

自分のアイコンタッチで「シンプルログイン」

本体にユーザー登録をしておけば、毎回ユーザー名やパスワードを入力する必要なく、タッチパネル上のアイコンを選択するだけでログイン認証が簡単に行えます。プリントジョブを投げれば自動的にユーザーアカウントがデバイスに登録されて、手軽にパーソナライズ機能が利用可能です。

余分なページを自動削除する「白紙スキップ」

白紙スキップ機能を搭載。スキャン時に原稿内の不要な白紙ページを自動で検知し、白紙を除いたファイルを生成します。原稿の下地と文字やイメージなどの輪郭を読み取る2種類の検知方法を使用する事で、裏写りされた文字や薄い文字についても正しく判別します。

放置プリントを抑止する「留め置き印刷」

本体内に印刷データを留め置く事で、部数やステイプル設定などをプリント前に変更する事が可能です。認証情報と紐付いて、プリントジョブより属性情報を抽出し、ユーザー名、部数、印刷体裁などの情報を画面に表示します。また、印刷データの中身や印刷設定を元に、印刷完了までの時間予測が可能です。なめらかな操作感はそのままに、見やすい印刷プレビュー画面を搭載しました。

このページのトップへ