オフィス向け複合機Refreshedシリーズ(再生モデル)共通特長

キヤノンの環境への取り組み

リユース、リサイクルを視野に入れた製品開発

キヤノンは、持続可能な社会を実現するために、豊かな生活と地球環境の両立を目指す環境ビジョンとして「ACTION for GREEN」を掲げています。それは、「つくる」「つかう」「いかす」という製品のライフサイクル全体を見据え、「製品の高機能化」と「環境負荷の最小化」を同時に追求すること。さまざまな技術革新と経営効率の向上により、この取り組みを拡大することで、豊かさと環境が両立する社会、お客さまのビジネスの持続的成長に貢献していきます。

エコロジーと品質を高次元で両立する、生産プロセス。

Refreshedシリーズは、キヤノン独自の再生基準により再生された製品の総称です。回収された使用済みの機器を部品レベルにまで分解し、基準を満たすように最適の技術を用いて洗浄・清掃します。厳密な再生基準に従って、劣化・摩耗部品などを交換し、新しい部品のみで生産される機械と同レベルの生産・検査ラインを通り、品質・信頼性が十分に確認されてRefreshedシリーズとして出荷されます。

Refreshedシリーズの再生過程

製品のライフサイクル全体を見据えた製品開発。

「カーボンフットプリント※1を活用したカーボン・オフセット※2」制度により、CO2排出量ゼロを実現。

リユース、リサイクルを視野に入れた製品開発

Refreshedシリーズは、キヤノン独自の再生技術により優れた部品リユース率を達成し、環境負荷の削減に貢献。また、「カーボンフットプリント※1を活用したカーボン・オフセット※2」制度を導入することで、製品ライフサイクル全体で排出されるCO2排出量をオフセットし、製品の物流やユーザーによる使用・廃棄・リサイクル処理に至る、製品ライフサイクル全体でのCO2排出量ゼロを実現しています※3

  • ※1 製品などの原材料調達から廃棄・リサイクルに至るまでのライフサイクルを通して排出される温室効果ガスの排出量をCO2に換算して、製品などにわかりやすく表示する仕組み。
  • ※2 自らが排出した温室効果ガスのうち、削減が困難な部分の排出量のすべてまたは一部を、他部分の排出削減・吸収量でオフセット(埋め合せ)すること。
  • ※3 ユーザーが使用する紙のCO2排出量は含まず。
Refreshedシリーズの再生過程
このページのトップへ