オンデマンドプリンターiR-ADV C9280 PRO / C9270 PROクオリティー

imageRUNNER ADVANCE C9280 PRO / C9270 PRO

長時間安定した画質を維持する「Eドラム」

Eドラム(イメージ)

これまでimagePRESSシリーズで採用していたEドラムをブラックのドラムユニットに採用。カラー用には新たにコンパクトEドラムを開発しました。Eドラムは、従来のOPCドラム表面にキヤノン独自開発のコート層を設けることで長寿命化を実現。メンテナンスの負荷を軽減して省資源にも寄与します。

テカリのない上品な仕上がりを再現する「pQトナー」

imagePRESSシリーズで定評のあるVトナーをもとに、新たに開発されたpQトナーを採用。顔料微分散技術により向上した色再現性をはじめ、オイルレスでの定着や転写性の向上などバランスの良い性能を組み合せて、オフィス文書に適した画質とプリントスピードを実現しています。

安定した色再現を管理する「新ARCDAT」

設定されたすべてのスクリーンパターンに対してリアルタイムでの画像濃度制御が可能な独自の高精度キャリブレーションシステム「新ARCDAT」を搭載。安定した色再現を可能にします。

多ページの原稿も余裕で束ねる「100枚ステイプル対応のフィニッシャー」

フィニッシャー(イメージ)

200ページの冊子を作成できる100枚ステイプル可能なフィニッシャーを用意。また中綴じ製本も最大20枚(80ページの製本)まで可能。インナートリマー拡張により小口も断裁可能。針足カット機構によりホチキス止めの仕上がりを美しく整えます。

最適な濃度や階調に自動補正する「自動階調補正機能」

自動階調補正機能は、タッチパネル操作によりトナーの濃度および階調を自動的に調整補正する機能で、フル補正とクイック補正の2種類から階調の補正方法を選択することができます。この機能により、常に安定したカラー画質を提供します。

自由に用紙の属性を登録できる「属性登録」

属性登録(イメージ)

本体にプリセットされている用紙サイズや種類とは別に、ユーザー設定用紙として用紙の名前や表面性、色などの属性をネットワーク上のリモートUIや本体操作パネルから定義・登録することができます。また、両面印刷時に表裏のズレを調整する「ズーム微調整(両面倍率補正)」や定着時の加圧による用紙カールを防ぐ「用紙カール補正」などの機能も搭載しています。

多部数のはがき*1印刷を容易にする「はがきフィーダーユニット*2

はがきフィーダーユニット(イメージ)

本体内の給紙トレイを使用することなく、手差しトレイにセットするだけで最大300枚給紙ができます。
はがきに上カールをつけることで大幅に搬送性を向上致します。また、カール量の強弱の調整も可能です。

幅広い用紙から選択できる「用紙対応」

高い搬送性能により、カセットで52~220g/㎡、手差しで52~300g/㎡の用紙坪量をカバー。また、用紙の種類も普通紙、再生紙に加え、厚紙、 コート紙と、幅広い用紙への出力に対応しています。

このページのトップへ