ミニコピアDPC995特長

ミニコピア® DPC995 高速コピーや両面印刷を搭載したミニコピア。ビジネスにうれしい充実機能がそろいました。

A4モノクロ毎分33枚※1の高速コピー

高速33枚※1&デジタルエンジン採用

A4毎分33枚※1の高速コピーで、大量コピーもすばやく対応。キヤノン独自のオンデマンド定着技術により、ファーストコピータイムも8秒以下※2で、1枚ずつのコピーでも業務効率を高めます。デジタルエンジンを採用し、解像度600dpiのきれいな画質を実現しています。

両面読み込みADF&両面印刷

用紙削減と業務効率アップを両立

片面→両面 両面→片面 両面→両面

最大50枚セット可能な両面対応ADF(自動原稿送り装置)なら、両面原稿の読み込みも手間がかかりません。両面印刷機能で片面原稿を両面に集約したり、用紙の削減もできます。

見やすさと使いやすさを考慮したユーザービリティー

5行漢字表示の液晶パネル

5行漢字表示で設定項目が見やすく、紙詰まりなどはアニメーションで手順をわかりやすく表示。また、うす暗い場所でも見やすい白色バックライト液晶を採用しています。

フロントオペレーション

用紙のセットやトナーカートリッジの交換作業が、本体前面で行えます。
ドラム一体型のトナーカートリッジで、手を汚さず簡単に交換できます。

給排紙容量

最大1,050枚の大容量給紙

最大1,050枚の給紙が可能 両面対応ADF[最大50枚] 排紙トレイ[最大150枚] サブ排紙トレイ(本体背面)[最大1枚] 手差しトレイ[最大50枚] 給紙カセット[最大500枚] 1段カセットユニット・U1(オプション)[最大500枚]

最大500枚の大量給紙ができる標準カセットで、用紙交換の手間を軽減できます。オプションカセットを付けると最大1,050枚の給紙が可能。両面対応ADFは最大50枚セットでき、大量コピーも効率的です。

省エネ設計

低消費電力

オフィスにおける実際の使用状況を想定した省エネ設計を追求し、新しい環境基準値の「TEC値」で1.33kWhを実現しました。

スリープモード搭載

使っていない時に自動的にスリープモードに移行する、オートスリープモードを搭載。スリープ時の消費電力は、約2.3W。また、操作パネルの節電ボタンを使えば、こまめにスリープモードへ移行でき、より一層の省エネになります。

便利なコピー機能

ページ集約

複数の原稿を1枚にまとめてコピーできる2in1・4in1機能を搭載。両面印刷と組み合せるとより一層の用紙節約ができます。

IDカードコピー

IDカードなどをコピーする際、カードの両面を用紙の片面に等倍でコピーできます。

拡大・縮小コピー

定型倍率での拡大・縮小はもちろん、目的に合わせて1%刻み(25%~400%)で拡大・縮小できます。

ソート

2枚以上の原稿を複数部コピーする際、用紙をページ順に並べて仕分けることができます。複数ページの資料コピーに便利です。

枠消しコピー

原稿がコピーする用紙サイズより小さい場合、原稿の周囲にできる影や枠線を消してコピーできます。

原稿に応じた調整機能

画質調整

原稿の種類に応じて、画質を調整することで再現性が向上します。
<文字/写真><写真><文字>から選択できます。

シャープネス

原稿の画像のエッジをくっきりさせたり、コントラストを弱めることができます。

濃度調整

原稿全体のコピー濃度を、9段階でより見やすく調整できます。

背景調整

原稿の背景の濃度を調整してコピーできます。新聞など下地の色があるものも見やすく調整できます。

このページのトップへ