第50回キヤノンフォトコンテスト入賞作品

第50回キヤノンフォトコンテスト

グランプリ

作品:『14の夏』 山本 雅(佐賀県)

『14の夏』
山本 雅(佐賀県)

受賞者の声

写真:山本 雅(佐賀県)

部活最後の夏の大会 かつての自分を重ねて
グランプリの通知をいただき、夢にも思っていなかったので驚愕の一言です。
写真は、部活の締めくくりとなる夏のハンドボールの試合中に撮影したものです。彼女たちの心臓の鼓動が聞こえてきそうなほどのワクワク感、焦点の定まらない瞳、思い通りの結果が出せない焦り。そして、涙。
ファインダー越しに、数十年前の自分を重ね、共感しつつも懐かしがりながらシャッターを切り続けました。

講評:優しい眼差しと躍動感が見事に調和したグランプリ作品

福田(健) グランプリ作品に選ばれた「14の夏」は、エネルギッシュな組写真ですが、優しい眼差しに溢れていて、人間の輝く瞬間をとらえています。
髙須 親御さんが自分の子どもを撮っているような温かな視線があって、とてもよかったですね。
齋藤(康) 時間経過を軸に、一点一点、リズム感、明暗差を付けています。スポーツ写真としては、少し物足りないかもしれませんが、人間ドラマを見せているのがいいと思いました。
古賀 冷静に距離を置いた目線で、生徒を見つつ、ちゃんと入り込んで、それをまた組写真に生かしている。
 ボールを抱えている選手の気持ち、心の中が写っている感じがします。ストレートに表現して、真実がちゃんと写っています。
齋藤(清) この作品はズームレンズの勝利でもありますね。被写体に自由に近づけない応援席という状況で、ズームを上手に使って撮っています。
薬師 家族愛というか、子どもたちへの気持ちをそのまま表したところが、人の気持ちに訴えるのでしょう。
櫻井 一瞬のチャンスを丁寧に、妙に凝りすぎずに仕上げていて好感が持てました。画像処理をしすぎると、何を狙ったのか曖昧になりますし。
公文 この作品は、組写真の5枚がうまくまとまっているため、ストーリー性がありますね。「14の夏」というタイトルとも合っていて、よかったです。
嶋田 連続写真を5枚出しても、それは組写真といえません。そこをしっかり理解することが大切ですね。
古庄 ただ組写真の中にも、一瞬をよくとらえている一枚があって、グランプリを狙えるほどの写真もありました。
福田(幸) たくさん撮った中から一枚の写真を選ぶには、テーマをしっかり持ち、自分にしか撮れない写真はどれか、考えることが大切ですね。

入賞者一覧に戻る
このページのトップへ