PIXUS フォトレター出張授業 写真と言葉で、「想い」を届けよう!

大分市立こうざき小学校 心にしまっていた想いを大切なひとに伝えるフォトレターをつくったよ。 2013年2月22日  大分県・大分市立こうざき小学校の5年生が、想いを込めたフォトレターづくりに挑戦しました。

大切な人を考え、その想いを届けるいいチャンス

写真:出張授業風景

ウミガメが産卵しにくるという神崎海岸の近くある大分市立こうざき小学校は、地元の人たちに愛されている小学校です。「大切な人を想うチャンスであり、フォトレターというカタチとして残すことで、児童たちも贈られた人たちも、お互いにいい記念になってほしい」と、藤田卓也校長は、フォトレター出張授業に期待を寄せてくださいました。この日を楽しみにしてくれていた5年生のみんなは、教室では緊張ぎみでしたが、撮影をしに校庭へ飛び出すといつもの笑顔に。「フォトレターを受け取った人との間にいい変化が生まれたら大成功だと思います」と、担任の伊東佳子先生は、この授業の抱負を語ってくださいました。

普段言えない気持ちが、素敵なフォトレターに

写真:出張授業風景

元気いっぱいに撮影をしたら、今度は大切な人への想いをつづることに一生懸命。介護の仕事をしているお母さんに「私のフォトレターで笑顔になって、疲れがとれてほしい」と、理由を話してくれた菅本遥香さん。「いつも仕事をしてくれてありがとう」と、お父さんへメッセージを書いた須川亮太君。お世話をしてくれるおばあちゃんに「口にするのは恥ずかしいから、文字でありがとうを伝えようと思いました」と、野上遥さん。想いがつまったフォトレターだから、贈った人のこころにしっかり届くことでしょう。

こんなの作ったよ!

出張授業作品出張授業作品出張授業作品出張授業作品
他の授業を見る
このページのトップへ