PIXUS フォトレター出張授業 写真と言葉で、「想い」を届けよう!

盛岡市立米内小学校 みんなで想いがあふれるフォトレターをつくったよ。 2013年6月12日 岩手県・盛岡市立米内小学校の6年生のみんながフォトレターづくりに挑戦しました。

伝えることの大切さを学べるいい機会

写真:出張授業風景

今回のフォトレター出張授業の舞台は、豊かな自然に囲まれ、地域との結びつきを大切にしている盛岡市立米内小学校です。上山光博校長先生の出張授業に対する期待は大きく、「撮って楽しむ写真に留まらず、伝えることの大切さを学べることが、とても大きいと思います。この授業を通じて少しでも心が豊かになってくれたらいいです」と、笑顔で話をしてくださいました。担任の今川理香先生も「文字にした方が、想いを正直に伝えやすいはず。さらに写真で『いい顔』を届けられたら、贈られた人も新しい発見をしてもらえますね」と、感想を語ってくださいました。

普段いえないありがとうを大切な人に

写真:出張授業風景

主役の6年生全員が、校庭で笑顔いっぱいの写真撮影。撮影がすんだら教室で想いを書き込むフォトレターづくりに挑戦。長嶺龍樹君は「おいしいご飯をつくってくれる」と、おばあちゃんに感謝の気持ちをつづりました。野球チームでバッテリーを組むキャッチャーの友だちに「いつもアドバイスや声をかけてくれてありがとう」と、佐々木大輔君。お母さんに感謝の想いをつづった向井恭葉さん。「誕生日にお姉さんから手紙をもらい本当にうれしかったから、今度は私から感謝の気持ちです」と、松舘七瀬さん。普段いえない「ありがとう」は、贈られた人の胸にきっと届くはずです。

こんなの作ったよ!

出張授業作品出張授業作品出張授業作品出張授業作品
他の授業を見る
このページのトップへ