PIXUS フォトレター出張授業 写真と言葉で、「想い」を届けよう!

熊本市立麻生田小学校 友だちや家族にありがとうを伝えるフォトレターを作ったよ  熊本市立麻生田小学校3年1組の28名が、写真と言葉で「ありがとう」を伝えるフォトレター出張授業に挑戦しました。

震災後深まった身近な人たちへの感謝をカタチに

写真:出張授業風景

広々とした校庭を囲む、桜・欅・銀杏などの大木。緑豊かで静かな雰囲気が特徴の熊本市立麻生田小学校。今回フォトレターに挑戦したのは、3年1組の28人。学級目標・スローガンの「しっかり、ニコニコ、元気な子」の通り、元気いっぱいでよく笑う子どもたち。「震災から数ヶ月たち日常を取り戻しつつある子どもたちの笑顔を記録に残し、より深まった家族や身近な人たちへの感謝の気持ちを形に残したい」というPTAの保護者の皆さんの思いに応えるように、一生懸命フォトレターづくりに取り組んでくれました。

家族や友だちとの絆に「ありがとう」

写真:出張授業風景

浦田大聖くんは「サッカーを教えてくれてありがとう。ずっと友だちでいてね。」と同じクラスの友だちへの感謝を、二人で一緒にボールを蹴る写真につづりました。「デジタルカメラで写真を撮るのは初めて。フォトレターづくりもとっても楽しかった。」という宮田はるかさんは、自分や妹を生んでくれたお母さんへのありがとうの気持ちをフォトレターにしてくれました。空手を週2回習っている塚本成玖くんは、「お母さんが大会の決勝戦で一生懸命応援してくれたおかげで優勝できた。」「フォトレターは『ありがとう』と言ってお母さんに手渡ししたい。」と語ってくれました。

こんなの作ったよ!

出張授業作品出張授業作品出張授業作品出張授業作品
他の授業を見る
このページのトップへ