インクジェットプリンターEasy-WebPrint EX ガイドはじめに

Easy-WebPrint EX ガイド Webページを思いのままにプリント。

Webページ印刷のお悩みは「Easy-WebPrint EX」が解決!必要なページだけをプリントしたり、必要な部分だけを切り抜いてプリントしたり、さらに欲しい部分だけを集めてレイアウトしてプリントできるなど、思いのまま。しかも、用紙を節約してプリントできるかんたん・便利なソフトウェアです。

対応機種

「PIXUS XK」シリーズ

XK70、XK50

「PIXUS TS」シリーズ

TS8130、TS6130、TS5130、TS3130、TS9030、TS8030、TS6030、TS5030、TS203

「PIXUS MG」シリーズ

MG8230、MG8130、MG7730、MG7730F、MG7530、MG7530F、MG7130、MG6930、MG6730、MG6530、MG6330、MG6230、MG6130、MG5730、MG5630、MG5530、MG5430、MG5330、MG5230、MG5130、MG4230、MG4130、MG3630、MG3530、MG3230、MG3130、MG2130

「PIXUS TR」シリーズ

TR8530、TR7530

「PIXUS MP」シリーズ

MP990、MP980、MP970、MP960、MP810、MP640、MP630、MP620、MP610、MP600、MP560、MP550、MP540、MP520、MP510、MP493、MP490、MP480、MP470、MP460、MP280、MP270

「PIXUS MX」シリーズ

MX7600、MX923、MX893、MX883、MX870、MX860、MX850、MX523、MX513、MX420、MX350

「PIXUS iP」シリーズ

iP8730、iP7230、iP6700D、iP4930、iP4830、iP4700、iP4600、iP4500、iP4300、iP3600、iP3500、iP3300、iP2700、iP2600、iP2500、iP1700、iP110、iP100、iP90v

「PIXUS iX」シリーズ

iX7000、iX6830、iX6530、iX5000

「PIXUS PRO」シリーズ

PRO-1、PRO-10S、PRO-10、PRO-100S、PRO-100、Pro9500 Mark II、Pro9500、Pro9000 Mark II、Pro9000

動作環境

Windows版

インストール方法

XK70、XK50、TS9030、TS8130、TS8030、TS6130、TS6030、TS5130、TS5030、TS3130、TS203、MG8230、MG8130、MG7730、MG7730F、MG7530、MG7530F、MG7130、MG6930、MG6730、MG6530、MG6330、MG6230、MG6130、MG5730、MG5630、MG5530、MG5430、MG5330、MG5230、MG5130、MG4230、MG4130、MG3630、MG3530、MG3230、MG3130、MG2130、TR8530、TR7530、MP990、MP640、MP560、MP550、MP493、MP490、MP280、MP270、MX923、MX893、MX883、MX870、MX523、MX513、MX420、MX350、iP8730、iP7230、iP4930、iP4830、iP2700、iP110、iP100、iX7000、iX6830、iX6530、PRO-1、PRO-10、PRO-100

1. セットアップCD-ROMからのインストール時に、インターネットに接続してください。セットアップ画面の指示に従うだけで自動的にダウンロードしインストールできます。

下記の場合はダウンロード画面は表示されません(ダウンロードおよびインストールされません)。

2. 後からでもかんたん!「Solution Menu EX」「My Image Garden」「Quick Menu」の起動時にタスクトレイにメッセージが表示されますので、ダブルクリックをするとダウンロードを開始します。

基本的な操作方法

ブラウザーのツールバーに表示されるEasy-WebPrint EXの「印刷」ボタンをクリックすると印刷が開始、「プレビュー」ボタンをクリックすると、印刷結果を事前に確認することができます。詳しくは「ムダなしプリント」「切り抜きプリント」をご覧ください。

著作権についてのご注意

他人の著作物を権利者に無断で複製・編集などすることは、個人的または家庭内その他これに準ずる限られた範囲においての使用を目的とする場合を除き、違法となります。また、人物などの複製・編集などをする場合には肖像権が問題になることがあります。

その他のITmediaの関連ページはこちらをご参照ください。ITmedia関連ページ
このページのトップへ