TOP > Which? > 顔料と染料の違い

顔料と染料の違い

顔料インクとは

顔料インク インクの粒子が用紙の表面にとどまることで着色します。染み込んで広がることがないため、高階調・高精細に色を再現できます。黒の表現に優れ、重厚感のある仕上がりに。

メリット

  • ◎ 高精細・高階調
  • ◎ 耐水性に優れ、にじみにくい

注意点

  • △ こすれ、はがれに弱い
  • △ 光沢紙の場合、
    反射光によってムラが出やすい

顔料・10色インク PIXUS PRO-10S商品情報へ

染料インクとは

染料インク インクが用紙の内部に染み込むことで着色します。用紙の表面にインクの凸凹ができないため、顔料より発色がよく、鮮やかな仕上がりに。特に光沢紙で光を美しく表現できます。

メリット

  • ◎ 光沢紙での発色に優れる
  • ◎ プリント速度が速く生産性が高い

注意点

  • △ 水ぬれ・にじみに弱い
  • △ 光や空気に触れると、
    時間とともに色が薄くなりやすい

染料・8色インク PIXUS PRO-100S商品情報へ