ニュースリリース

発表日 2001年2月28日

キヤノンがフラットベッドスキャナーのラインアップを拡充
クラス初の2,400dpiを実現した“CanoScan D2400UF”など4モデルを発売



キヤノンは、新技術と新機能を多数搭載して画質・スピード・使い勝手の良さを大幅に向上させたフラットベッドスキャナー4モデルを、3月中旬より順次発売します。

パーソナルモデルとして、2001年2月23日現在。

キヤノン カラーイメージスキャナCanoScan D2400UFキヤノン カラーイメージスキャナCanoScan D2400U
キヤノン カラーイメージスキャナ
CanoScan D2400UF
キヤノン カラーイメージスキャナ
CanoScan D2400U

キヤノン カラーイメージスキャナCanoScan D1230Uキヤノン カラーイメージスキャナCanoScan D646U
キヤノン カラーイメージスキャナ
CanoScan D1230U
キヤノン カラーイメージスキャナ
CanoScan D646U


キヤノン カラーイメージスキャナ CanoScan D2400UF‥‥‥‥‥‥価格(税別)49,800円(発売日:2001年4月上旬)
 
キヤノン カラーイメージスキャナ CanoScan D2400U‥‥‥‥‥‥価格(税別)39,800円(発売日:2001年3月中旬)
 
キヤノン カラーイメージスキャナ CanoScan D1230U‥‥‥‥‥‥価格(税別)26,800円(発売日:2001年5月上旬)
 
キヤノン カラーイメージスキャナ CanoScan D646U‥‥‥‥‥‥価格(税別)16,800円(発売日:2001年3月中旬)
 
フィルム読み取りユニット FAU-S13‥‥‥‥‥‥価格(税別)12,000円(発売日:2001年3月中旬)
 
フィルム読み取りユニット FAU-S12‥‥‥‥‥‥価格(税別)10,000円(発売日:2001年5月上旬)





今回発売するのはいずれもCCDを搭載したデスクトップタイプで、2,400dpiモデルの“CanoScan D2400UF”および“CanoScan D2400U”と、1,200dpiモデルの“CanoScan D1230U”、600dpiモデルの“CanoScan D646U”の合計4モデルです。

新製品“CanoScan D2400UF”は、クラス初の光学解像度2,400dpiを実現するとともに、フィルム読み取りユニット「FAU-S13」を標準搭載した「CanoScanシリーズ」のフラッグシップモデルです。また、“CanoScan D2400U”はフィルム読み取りユニットをオプション設定にした姉妹機です。両機種とも、「Canon's Ultra Hyper CCD」や「スーパーガリレオレンズ」などキヤノン独自の先進技術を搭載し、2,400dpiという高解像度と、極めて高い「解像力」を発揮します。
また、読み取り速度の最適化処理を行う新技術「スピードオプティマイザー」とプレビューの高速化に貢献する「ハイブリッドモーター」の採用により、高速かつスムーズなスキャニングを実現しています。
フィルム読み取りユニット「FAU-S13」(本体カバーと兼用)においては、全開しなくても途中で留めておくことが可能な「フリー・ストップ・ヒンジ」を採用しているほか、普及クラスのフラットベッドスキャナーとしては世界で初めて、フィルム原稿に付着した小さなゴミやキズをスキャンした画像から自動的に除去する「FARE(フェアー)」機能を搭載しました。これは、赤外光を利用してゴミやキズの検出を高精度に行い、その部分を画像からきれいに補正するキヤノン独自の新技術です。

新製品“CanoScan D1230U”は、「True 1,200dpi CCD」を搭載した高解像力スキャナーとして好評を博している「CanoScan FB1210U」(2000年3月発売)の後継機で、さらなる高速・高画質・快適さを実現したモデルです。
高性能大口径の「ガリレオレンズ」や高照明効率化を図る「デュアルリフレクター」設計など、従来モデルで高画質を実現した独自技術を継承しながら、さらなる高階調を実現し、RGB各色16bitでの入力が可能になりました。また、今回新たに「スピードオプティマイザー」と「ハイブリッドモーター」を搭載することで、プレビューを含めたスキャニングスピード全体の高速化を図りました。さらに、オプションのフィルム読み取りユニット「FAU-S12」を使用すれば、35mmフィルムはもちろん、ブローニーや4×5サイズのネガ・ポジフィルムの読み取りが行えます。

新製品“CanoScan D646U”は、一般に厚みがあり大きいと言われていたCCDスキャナーでありながらも、薄型・コンパクト設計を実現したエントリーモデルです。厚さ61mmというスリムなボディに加え、光沢のある鏡面 仕上げを施した「ミッドナイトブルー」の本体カバーを採用するなど、斬新な外観を実現しています。また、ノートブックタイプスキャナーの従来モデルで好評の「Z-Lid(ズィー・リッド)機構」を採用し、最高42mmまでカバーを水平に持ち上げることができるため、厚手の原稿もしっかりと押さえることができます。

なお、“CanoScan D2400UF/D2400U/D1230U”の3モデルは、スタートボタンと同梱ソフトとの連動による簡単操作を実現しているほか、「キヤノンBJプリンタ」を利用して、家庭で手軽に写 真の焼き増しや引き伸ばしができる「DPE@HOME」を楽しむことも可能です。

このページのトップへ
戻る


このページのトップへ