ニュースリリース

発表日 2001年9月3日


快適な使用環境を追求したフラットベッドスキャナー2機種を発売
“カラーイメージスキャナ CanoScan N676U/N1240U”



キヤノンは、ノートブックタイプのフラットベッドスキャナーの新製品として、光学解像度600dpiの“CanoScan N676U”および 1,200dpiの“CanoScan N1240U”を9月中旬より発売します。

CanoScan N676UCanoScan N1240U
CanoScan N676UCanoScan N1240U

キヤノン カラーイメージスキャナ CanoScan N676U‥‥‥‥‥‥価格(税別)14,800円(発売日:2001年9月中旬)
 
キヤノン カラーイメージスキャナ CanoScan N1240U‥‥‥‥‥‥価格(税別)19,800円(発売日:2001年9月中旬)




新製品はいずれも、キヤノン独自の「LIDE(ライド)」技術を採用したCIS(コンタクトイメージセンサー)を搭載した超薄型モデルです。
両機種とも、今回新たに使用環境をより快適にする機能として、複数枚の原稿を同時に読み取って個別にデータ化する「マルチ写真スキャン」や使用頻度の高いスキャン、コピー、Eメール添付の各機能をワンタッチボタンとして独立させた「3EZボタン(トリプルイージーボタン)」、原稿タイプに応じて適切なトーン補正を行う「新オートトーン補正」、さらにはホコリなどによって生じたダーク部の小さな白い点状ノイズを低減する「簡易ホコリ補正」などを搭載しています。
また、フォトレタッチやOCRなどのソフトウェアの同梱はもちろん、Windows®環境においては、手相占いソフトの同梱や様々なソフトのウェブサイトを紹介した「お楽しみリンク」の用意など、スキャナーを使う楽しみを可能にする「デジタルアミューズメント」を提供します。
なお、パソコン本体からの電源供給による「ワンプラグスキャン」や厚手の原稿もしっかり押さえる「Z-Lid(ズィー・リッド)機構」など、ノートブックタイプの従来機種で好評の機能はそのまま継承しています。

 LED Indirect Exposure(LED間接露光読み取り方式)

【フラットベッドスキャナー市場動向】
スキャナーには大きく分けて、普通紙のような反射原稿を読み取る「フラットベッドスキャナー」と、フィルムのような透過原稿を読み取る「フィルムスキャナー」の2つのタイプがあります。市場においては、「フラットベッドスキャナー」が大部分を占めています。
フラットベッドスキャナーの市場規模はここ数年で急激に拡大しており、国内においては1999年の実績に対して今年は2倍近くの伸びを見込んでいます。(キヤノン調べ)

【開発の背景】
キヤノンでは、急速に拡大するスキャナー市場において多様なニーズによりきめ細かく対応するため、フラットベッドスキャナーを2つのカテゴリーに分け、よりコンパクトで手軽にスキャンできる「ノートブックタイプ」と、フィルムスキャニングや高速スキャンなどの高機能を備えた「デスクトップタイプ」の2系統で展開しています。新製品“CanoScan N676U/N1240U”は、多くのユーザーからの声を取り入れ、より快適で美しい画像の取り込みを実現するための様々な新機能を搭載するとともに、同梱ソフトの充実を図ることでスキャナーを使う面白さを同時に提供します。今回の新製品と、充実したラインナップを誇るデスクトップタイプと合わせて、フラットベッドスキャナーのトップブランドとして、さらなるシェア拡大を目指します。


このページのトップへ
戻る


このページのトップへ