画像管理(ソフト)Digital Photo Presenter for Studioセレクトから出力

進化したプレゼンツールが写真館を変えていく。DPPS Digital Photo Presenter for Studio Ver.5.0

クイックフィルター機能

写真選びが容易

Digital Photo Presenter for Studioは、★を使って撮影画像をレーティングすることができ、写真選びもスムーズになります。お客さまにプレゼンする前にカメラマンチェックでお客さまに見せたくない目つぶりなどのNG画像は、あらかじめ「★なし」で、非表示にしたり、画像の非表示や特定のレーティングだけサムネイル表示することもできます。

レーティング機能レーティング機能

レーティング機能の拡充

写真選びが容易

Ver.3.1では最大3つだったレーティング機能が、最大7つまで可能
(環境設定で3、5、7から選択)
写真選びがよりスムーズに、容易になりました。

基準線での枠取りが可能

基準線を入れることで、より成果物イメージがつきやすくなります。基準線のアスペクト比は、設定で指定した用紙サイズのアスペクト比とします。

対比アスペクト比
L版(横、縦)、はがき(横、縦)、KG(横、縦)、2L(横、縦)、
六切(横、縦)、六切ワイド(横、縦)、四切(横、縦)、半切(横、縦)、A3ノビ (横、縦)
全紙(横、縦)、大全紙(横、縦)、A版(横、縦)、B版(横、縦)、レター(横、縦)、 1:1、3:2、2:3、4:3、3:4、5:4、4:5

コンタクトシート印刷

セレクト業務を効率化

コンタクトシート印刷コンタクトシート印刷

撮影した写真をお客さまにセレクトしていただく作業を効率的に行うために、まずはコンタクトシート印刷をして、そこからお選びいただくことができます。お客さまに選んでいただく作業を効率化するために、撮影画像を印刷することができます。印刷にはオーダーされた画像を印刷するコンタクトシート/フルページ印刷と、オーダーシート印刷があります。
コンタクトシート印刷では画像の数を指定して1ページに複数枚の画像を印刷することができます。
お客さまが注文される、サイズ/枚数などの情報をオーダーシート印刷したものに簡単にメモができます。

注文データ保存

注文ごとに撮影データを保存

注文データ保存注文データ保存

お客さまがセレクトされたデータのみをフォルダーに書き出すことで、プリント工程へのデータ渡しもスムーズに行うことができます。

オーダー保存された撮影データのプレゼンテーション

表示モード

「表示モード」機能では、オーダー保存後フォルダーに格納された撮影データを使ってプレゼンテーションを行うことができます。

オーダーシート印刷

プリント工程への指示業務を効率化

オーダーシート印刷オーダーシート印刷

注文データをプリント工程に回す際の指示書が簡単にプリントできます。プリントテンプレートは後から追加することも可能です。

このページのトップへ