すぐできる!セキュリティ対策

【第1回】ランサムウェア対策

第1回はサイバー脅威における上位の「ランサムウェア」(身代金要求型ウイルス)対策に関するご提案です。

ランサムウェアは、「情報セキュリティ 10大脅威」の第2位

情報処理推進機構(IPA)が、 2016年に発生した情報セキュリティの脅威のトップ10を選出し、「情報セキュリティ 10大脅威」として発表しました。

「情報セキュリティ 10大脅威 2017(組織)」

ランサムウェアとはユーザから身代金(ランサム)を要求する、悪意のあるソフトウェア

ランサムウェアに感染すると、次のような事象が発生し、業務に支障が生じます。

  • PCの画面がロックされ、利用できなくなる
  • ファイルが不正に暗号化され、読み取れなくなる

また、ファイルの暗号化を解除する代償として、金銭(身代金)を要求されます。

ランサムウェアに感染したら・・・

次のような理由により、金銭を払うことは推奨されていません。

  • 金銭を払っても、ファイルが復元する保証がない
  • 金銭を払ってしまうと、お金を払うターゲットとして攻撃リストに追加され、次なる攻撃の標的になりかねない
  • 犯罪者に資金を与えることで、ランサムウェア攻撃が増え、将来的に別の攻撃が編み出される危険性がある

ただし、医療機関や重要インフラでの感染など、人命がかかっている場合は、やむを得ず支払いを迫られるケースがあります。

万が一被害に遭った場合は、専門機関へ相談してください。

情報処理推進機構(IPA)情報セキュリティ安心相談窓口
https://www.ipa.go.jp/security/anshin/index.html

対策内容を含む全編をご希望のかたは下記の「資料ダウンロード」よりお申込みください

ランサムウェア対策のご提案

キヤノンマーケティングジャパンがご提案するランサムウェア対策の資料がダウンロードできます。

すぐできる!セキュリティ対策
「ランサムウェア対策」資料ダウンロード
トップへ戻る

セキュリティに関するお問い合わせ

メールでお問い合わせ