業務用デジタルビデオカメラXF205優れた拡張性

ダイナミックな操作性と拡張性をコンパクトに。3G/HD-SDI 端子搭載のMXF/MP4モデル XF205

充実した業務用端子と無線/有線ネットワーク機能を標準装備。

3G/HD-SDIなど充実の業務用端子。

写真:MON.端子、3G/HD-SDI端子

高品位な映像と音声を高い信頼性で伝送できる、3G/HD-SDI端子を本体に標準装備。カメラと中継設備、外部レコーダー、外部モニターなどとの接続が容易です。また、GENLOCK/SYNC OUT、TIME CODE、MON.端子を装備。撮影・編集の両現場で優れた効率を発揮します。

2.4GHz/5GHz対応Wi-Fiモジュールを搭載。

カメラ単体で無線ネットワークとリンク。2.4GHzおよび5GHzのデュアルバンドに対応し、ネットワーク環境や電波干渉といった条件に合わせて最適な接続方法を選択できます。

Ethernet LAN接続を実現。

新たにEthernet LAN端子を搭載。安定性やセキュリティーレベルの高い有線ネットワークを介したカメラ操作、ファイル転送が可能です。広く普及している1000BASE-Tをサポートしています。

IP ストリーミングに対応(2015年6月下旬より提供予定のファームにて対応)

放送局などで使用されている映像信号(動画)の送受信方法であるIP ストリーミングに対応 します。富士通株式会社のIP デコーダー(データ受信機器)「Fujitsu Network リアルタイム映像伝送装置IP-900IID、 IP-920D」※1 や、IP ストリーミング対応ソフトウエア※2 などに対応するため、放送局などの既存の映像制作・編集フローの中で「XF205」のIP ストリーミング機能を利用できるようになります。


  • ※1「Fujitsu Network リアルタイム映像伝送装置 IP-900IID、IP-920D」は、日本およびその他の国における富士通株式会社の商標です。「Fujitsu Network リアルタイム映像伝送装置IP-900IID、IP-920D」は2015年4月以降に「XF205」に対応予定です
  • ※2動作確認済みの対応ソフトウエアの詳細は、2015年6月下旬に公開予定です。
■ IP ストリーミングについて

「XF205」の動画データで、IP ストリーミングに対応するフォーマットは以下の通りです。

XF205 の出力 Fujitsu Network
リアルタイム映像伝送装置
IP-900IID/IP-920D
IP ストリーミング対応 ソフトウエア
解像度 フレーム数
1280×720 29.97P(9Mbps/4Mbps) 2015年4月より対応予定 対応
1280×720 25P(9Mbps/4Mbps) 2015年4月より対応予定 対応
640×360 29.97P(1.5Mbps) 対応
640×360 25P(1.5Mbps) 対応

  • 詳細は富士通株式会社にお問い合せください。(問い合せ先:富士通株式会社 コンタクトライン 0120-933-200)。

ネットワークを活用した柔軟な運用。

カメラ側の設定がCAMERAモード、MEDIAモードのいずれの場合も、それぞれに有効なネットワーク機能を用意しています。

Browser Remote

スマートフォンをはじめとする携帯端末やPCからカメラを遠隔操作できます。無線、有線の両接続に対応。Webブラウザーを使用するため、別途アプリケーションのインストールが不要です。クレーン使用時やカメラを据え置いて撮影する際、手元でライブビュー映像を見ながらピント合わせや各種設定、スタート/ストップ操作が行え、撮影の自由度が向上します。また、カメラ操作とメタデータ入力を別々の端末から行うことが可能です。

写真:Browser Remote

CameraAccess

写真:CameraAccess

専用のアプリケーション「CameraAccess plus」をインストールしたスマートフォンやタブレット端末から、ライブビュー映像やカメラの遠隔操作が可能です。撮影と同時にプロキシデータ(MP4/640×360、1.5Mbps)を端末に転送(リアルタイムプロキシ転送)。記録したデータを即座に送信し、速報素材として活用できるほか、別の場所で映像を確認するなど、スピードが求められる放送業界で威力を発揮します。

Browser Preview

カメラのメモリーカードに記録された映像を端末側で再生・確認できます。無線、有線の両接続に対応。Webブラウザーを使用するため、別途アプリケーションのインストールが不要です。

ファイル転送モード

CAMERAモード時、撮影を続けながらMP4ファイルを転送できるバックグラウンド転送が可能です。また、MEDIAモード時は、撮影済みのファイル(MXF/MP4/静止画)をFTPサーバーに転送でき、取材先から速報用映像を送るなど、多様な業務用途に対応します。

業務用リモートコントローラーに対応。

写真:業務用リモートコントローラーRC-V100

画質調整を含む主要な機能を手元で操作できる、業務用リモートコントローラーRC-V100が使用できます。

このページのトップへ