業務用デジタルビデオカメラXF205ダイレクト操作

ダイナミックな操作性と拡張性をコンパクトに。3G/HD-SDI 端子搭載のMXF/MP4モデル XF205

小型ボディーでも操作性に妥協はしない。マニュアルでの使いやすさと優れた視認性。

優れた機動力を発揮する小型ボディー。

図:小型ボディー

小型レンズユニットの採用と独自の高密度実装技術により、従来のトップエンド機に匹敵する機能と操作性を備えつつコンパクト化を実現。機動的な撮影を可能にします。

独立した3本のレンズリング。

図:独立した3本のレンズリング

コンパクトなボディーでありながら、3本のレンズリングを装備。フォーカスとズーム、絞りを独立して操作でき、自在なカメラコントロールを実現します。それぞれのリングは触感の異なる形状で、ビューファインダーに接眼したままでも的確な操作が可能です。

1. フォーカスリング

デリケートなピント操作が可能。リング操作時のレスポンスを3段階から設定できます。AFモード時もリング操作は有効です。

2. ズームリング

回転速度に応じたズーミング動作が可能。レンズの広角端から望遠端までを使いこなしやすいよう、最高速度を高速化。ズーム速度を3段階で設定できます。

3. アイリスリング

IRISマニュアルモード時に有効。1/16段までの微妙なアイリス制御が可能です。

0.45型、視野角の広いビューファインダー。

ビューファインダーに新開発の広視野角・高精細ユニットを搭載。0.45型、28.2°の広視野角で、画面の隅々まで良好な視認性を実現しました。約123万ドット相当と高精細なため、ディテールの確認やピント合わせも容易です。上方68°と調整範囲の大きなチルト機構を備え、ローアングルや狭小空間でも自然な姿勢で接眼できます。

図:0.45型ビューファインダー

見やすく使いやすい有機ELパネル。

図:有機ELパネル

3.5型、約123万ドット相当の大型・高精細、有機ELパネルを採用しました。コントラスト比は1:10000、色再現性約100%(NTSC比)、応答特性1ms未満。引き締まった黒、鮮やかな色、残像の少ない映像で、長時間の撮影時も眼の疲労を抑えられます。

さまざまなアングルに対応する回転グリップ。

図:回転グリップ

グリップは最大120°の回転機構付き(15°刻み)。ローアングルからハイアングルまで、良好なホールド感と安定した手持ち撮影を実現します。回転グリップ軸にアルミダイキャストを使用することで優れた強度と耐久性を確保しています。

機動性を高める操作部材。

充実したスイッチとボタン類を用意。効率的なレイアウトとの相乗効果により、ダイレクトな操作性を実現します。

写真:操作部材

1. アサインボタン

任意の機能を選択・割り付けられる、13のアサインボタンを装備。コンパクトなボディーでありながらダイレクトな操作感を実現します。

2. バリア付きレンズフード

付属のレンズフードにレンズバリアを内蔵。高い遮蔽性と防塵性を発揮。側面のスライドスイッチで瞬時に開閉でき、機動的な撮影が可能です。

3. GAIN、WB独立トグルスイッチ

GAINとホワイトバランスを独立して設定できます。

4. ジョイスティック

ジョイスティックを装備。画面に触れることなく主要な設定を変更できます。

5. グリップズーム

ロッカー操作。ズーム制御は操作量に応じた「可変速」、16段階から選べる「固定速」を選択でき、それぞれにスピードレベルを3段階で設定可能。また、録画一時停止中にズーム速度を速くし、異なる被写体をすばやく捉える「ハイスピードズーム」、ズーム開始時と停止時の速度を緩やかに制御する「ソフトズームコントロール」など、多彩な制御モードを用意しています。

このページのトップへ