業務用デジタルビデオカメラXF205MXF/MP4同時記録

ダイナミックな操作性と拡張性をコンパクトに。3G/HD-SDI 端子搭載のMXF/MP4モデル XF205

CFカードにMXF、SDメモリーカードにMP4を同時記録。制作から報道まで、さまざまなワークフローに対応。

MXF/MP4の同時記録。

アイコン:MXF/MP4

放送局において標準的なMXFと、さまざまな端末で使用でき汎用性に優れるMP4。2つの記録フォーマットに対応しています。同時記録も設定でき、撮影と同時に複数の記録方式と解像度のクリップを用意することが可能。多彩な現場のワークフローに対応できます。

メイン記録
(MXFはダブルスロット記録も可)
MP4による同時記録
[下記の(a)、(b)いずれかの選択]
RTプロキシ転送
(a) (b)
MXF ビットレート 解像度 フレームレート ビットレート 解像度 フレームレート   フレームレート   フレームレート
50Mbps 1920×
1080
60i 35Mbps 1920×
1080
60P MP4:
3Mbps/
640×360
30P MP4:
1.5Mbps/
640×360
30P
30P 24Mbps 30P
24P 24P 24P 24P
1280×
720
60P 17Mbps 1280×
720
60P 30P 30P
30P 30P
24P 9Mbps 24P 24P 24P
35Mbps 1920×
1080
60i 35Mbps 1920×
1080
60P 30P 30P
30P 24Mbps 30P
24P 24P 24P 24P
1440×1080 60i 35Mbps 60P 30P 30P
1280×
720
60P 17Mbps 1280×
720
60P 30P 30P
30P 30P
24P 9Mbps 24P 24P 24P
25Mbps 1440×
1080
60i 35Mbps 1920×
1080
60P 30P 30P
30P 24Mbps 30P
24P 24P 24P 24P
MP4 35Mbps 1920×
1080
60P 不可
24Mbps 30P
24P
17Mbps 1280×
720
60P
9Mbps 30P
24P

MXF

圧縮方式はノンリニア編集でも扱いやすいMPEG-2 Long GOP。フルHDを最大50Mbps CBR、フレームレート59.94iで記録します。また、放送用1440×1080、35Mbpsも設定できます。

MP4

圧縮方式はMPEG-4 AVC/H.264。最大35Mbps、高速の被写体も鮮明かつ滑らかな59.94Pで記録します。また、録画モードは5段階、最小3Mbps(640×360)の設定が可能で、速報やプロキシなどの用途にも対応できます。

制作用途に応えるカラーサンプリング4:2:2。

MXFで50Mbps設定時、カラーサンプリングは4:2:2でデリケートな色再現が可能です。クロマキー合成がしやすいほか、再レンダリングによる画質劣化が少ないため、テロップ入れなどにも適します。

最大3枚の同時記録が可能。

最大3枚の同時記録

2基のCFカードスロット、1基のSDメモリーカードスロットを装備。MXFは2枚のCFカードを使ったリレー記録(連続記録)、ダブルスロット記録(同時記録)が可能です。MP4および静止画はSDメモリーカードに記録。最大3枚の同時記録を実現しています。

撮り逃し防止に有効な常時記録機能。

MXFでの記録時、カメラ本体の録画スタート/ストップ操作にかかわらず、常時MP4の映像を同時記録し続けることが可能です。撮り直しのできないシーンでバックアップを確保できます。

このページのトップへ