業務用デジタルビデオカメラXF405/XF400オートフォーカス

この機動力で、4K 60P。 XF405/XF400

ワンマンオペレーションをサポート

デュアルピクセルCMOS AF

図:AFエリア

EOS MOVIEやCINEMA EOS SYSTEM で評価の高い像面位相差AF技術を、Xシリーズとして初めて採用。スピードと精度を両立したオートフォーカスにより、シビアなピント精度が求められる4K動画撮影をサポートします。AFエリアは画面内の縦横約80%をカバーし、AF枠をタッチ操作で直感的に指定することが可能です。

  • メニューの「コンバージョンレンズ」が[切]以外の設定時、IR撮影時、デジタルズーム領域ではコントラストAFとなります。

キヤノン独自の革新的なAFテクノロジー

図:AFテクノロジー

CMOSセンサー上の1画素を2つのフォトダイオードで構成。2つの画像信号を検出し、位相差AFを行うことにより、コントラストAFより高速なピント合わせを実現します。

タッチAF/顔検出AF

タッチパネルを使ったAF枠の指定のほか、顔優先AFまたはフェイスオンリーAFによるピント合わせも可能。これらを組み合せることで、狙い通りにAF撮影が行えます。

図:タッチAF&顔検出AF

AFの動作特性をチューニング可能

図:AFスピードチューニング画面

AFスピードを3段階で設定できます。また、AFレスポンスも3段階で設定でき、被写体抜けや障害物が入り込んだ際、AFをすばやく追従させるか、粘ってから追従させるかをチューニングできます。

AFブーストMF

AFモードはコンティニュアスAFと、手動で大まかに調整すると合焦付近は自動調整するAFブーストMFを搭載。不確実な調整動作を行わないため、コンティニュアスAFより安定した調整が可能です。

デュアルピクセルフォーカスガイド

図:デュアルピクセルフォーカスガイド

マニュアルフォーカス時、デュアルピクセルCMOS AFの距離情報を利用したフォーカスガイドを表示することが可能。合焦状態はもちろん、非合焦状態の前ピン/後ピンを視覚的に確認できるため、ピント合わせがスムーズです。

このページのトップへ