業務用デジタルビデオカメラXF405/XF400操作性/信頼性

この機動力で、4K 60P。 XF405/XF400

小型化と操作性の両立

3.5型約156万ドット液晶モニター

3.5型液晶モニターに約156万ドットの高精細パネルを採用。ディテールも鮮明で、ピントや構図の確認が容易です。また、操作感の軽い静電容量方式タッチパネルの採用により、軽快なタッチ操作を実現しています。

0.24型約156万ドット相当チルト式ビューファインダー

ビューファインダーは約156万ドット相当、視野率100%。高精細な表示により、マニュアルフォーカスでも厳密なピント合わせが可能です。上方約45°のチルトが可能で、ウェストレベルやローアングルでも自然な姿勢で接眼できます。

検索性・操作性を高めたユーザーインターフェース

モニター撮影時でもビューファインダー撮影時でもすばやく快適に撮影設定できます。

図:検索性・操作性を高めた新しいメニュー表示

マニュアルリング

図:マニュアルリング

マニュアルリングはフォーカス調整とズーム調整の切り換えが可能。指先の微妙な感覚を活かし、画角やピントをすばやくコントロールできます。フォーカス設定時、AF中でもマニュアル操作によるピントの微調整が行えるほか、メニューにてリングの操作方向の変更、感度(応答性)の設定(3段階)も可能です。

グリップズーム/ハンドルズーム

図:ズーム操作画面

カメラ本体とハンドルユニットにシーソー式のズームキーを搭載。カメラ本体のグリップズームはズーム速度を「VAR(操作量に応じた可変速度設定)」「CONST(固定速設定、1~16段階)」から選択・設定することが可能。さらに、各モードにおけるスピードレベルを3段階で設定でき、きめ細かなズーム操作が行えます。

  • ハンドルズームは「CONST」の設定のみ可能です。

アサインボタン

図:アサインボタン

本体に5つのアサインボタンを装備。さらに、液晶モニターにもタッチ式のアサインボタンを用意しました。6つのボタンに機能を割り当て、直感的かつスムーズな操作が可能です。

強制空冷機構

熱対策を徹底し、業務用途に求められる動作の安定性を確保しました。CMOSセンサーとメイン基板の熱を拡散させるため、熱伝導率に優れたアルミ素材を内部構造に採用。温度上昇を抑えつつ静音ファンによる強制空冷も行い、効率よく熱を逃がします。また、吸気ダクトおよびフィンの熱伝導性の向上により、高い放熱効果を実現しました。

このページのトップへ