この機動力で、4K 60P

コンパクトなボディーが切り拓く、
4K 60Pの映像世界。
高い解像度とフレームレートが
撮影者の創造力を刺激する。
先進のフォーカス性能と優れた光学技術が
その表現力を余すことなく引き出す。
機動的な撮影と効率的なワークフローから
生まれる映像への自信。
手にする人に"かつてない撮影体験"を。

XF405/XF400 iVIS GX10

2人のカメラマンの“EXPERIENCE”

CASE1XF405で撮るドキュメンタリー・イベント収録

栁下 隆之

栁下 隆之

写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意とするが、適材適所に機材を使い分ける柔軟な撮影姿勢を常に心がけている。

XF405を使用して、自転車店を題材にしたインタビュームービーと、仕事として請け負ったイベントの記録映像を撮影。ハンドヘルド機なので機動性が高いのは当然だが、フルHD/120fpsのスローモーションや4K収録のメリットを生かした編集時のクロップによるアングルワークなど、1カメ収録でもメリハリある映像に仕立てることができた。

CASE2iVIS GX10で撮る鉄道映像作品

村上 悠太

村上 悠太

日本大学芸術学部写真学科卒業後、2017年よりフリーランスの鉄道写真家として活動。2016年に鉄道写真+鉄道動画の個展「てつ動展」を開催。写真家でありつつ、EOS MOVIEを使用した鉄道映像作品も制作している。

iVIS GX10で初めて4K 60Pの“てつ動画”「Rail Scape」の制作に挑戦。4K画質の素晴らしさは知っていたが、いざ自分がいつも撮っているフィールドに4Kカメラを持ち込んでみると、その驚愕の画質に改めて息を呑む。瑞々しい朝の駅、紅葉の峠、迫力ある列車のディテール。60フレームの滑らかな動感表現も相まって臨場感にあふれる鉄道の姿を映し出してくれた。

機能解説メイキングムービー

014K 60P×機動力

SD カード収録

4K 60Pだからできる、なめらかな映像表現。パンやズームを行ってもコマ落ち感がなく、自然で高品位な映像を記録できます。また、フルHDの作品も4Kで撮影すれば、後工程でクロップしてパンやズーム効果を加えられるなど、1台でマルチなアングルワークが可能です。小型・軽量なボディにSDカードで内部収録できるメリットと相まって、ワンマン撮影の現場で高い機動力とパフォーマンスを発揮します。

☓ CLOSE

02先進のフォーカス性能

撮影中の俯瞰カット

デュアルピクセルCMOS AFを搭載。液晶モニター上のタッチした場所に、カメラが自動でフォーカスを合わせ続けます。オートフォーカスのスピードやレスポンスは調整が可能。フェイスキャッチ&追尾により、人物撮影もスムーズです。
また、マニュアルフォーカス時は、フォーカスガイド機能が有効です。合焦・前ピン・後ピンがひと目で分かるよう表示し、フォーカスワークを強力にサポートします。

☓ CLOSE

03撮影領域の拡大

テレコン装着画像

約25.5~382.5mm(35mmフィルム換算時)の光学15倍ズームレンズを搭載。ズーム全域で4K画質を実現しています。さらに、純正のワイドアタッチメント、テレコンバーターを使用すれば、ワイド端約20.4mm、テレ端約573mmまで焦点距離を拡張することが可能です。
また、フルHD撮影時はアドバンストズームが威力を発揮。4K対応の多画素センサーを活用し、最大約30倍まで解像度を維持したままズームアップが行えます。

☓ CLOSE

04多彩な表現力

撮影中の俯瞰カット

フルHD でSlow & Fastモーション記録時、120fpsの設定が可能です。24Pで再生することにより、最大5倍のスローモーション効果が得られます。
また、800%のダイナミックレンジを持つWide DRで撮影すれば、通常は白とびしてしまうような輝度の高い部分も階調を保持することが可能。BT.709をベースにしたガンマのため、速報用の映像としても有効です。さらに、ターレット式のNDフィルターも搭載。眩しい環境下でもアイリスやシャッタースピードを変えずに、思い通りの映像表現を可能にします。

☓ CLOSE

05業務用途に応える基本性能

撮影中の俯瞰カット

4chのオーディオ入力が可能です。INPUT 1にラベリア、INPUT 2にガンマイク、さらに内蔵ステレオマイクでアンビエントを入力するなど、柔軟な音声記録を実現。音声の輪郭や質感にこだわった収録が可能です。また、インタビューでは話者の音声をクリアに収録しつつ、アンビエントで臨場感を演出することもできます。
映像記録に関しては、5軸方向の高い防振性能を持つ「ダイナミックIS」が効果を発揮。4Kでもブレを抑え、安定した映像を記録できます。さらに1.0型CMOSセンサーとデュアルDIGIC DV 6の相乗効果により、低照度撮影時のノイズも低減。34dbまでゲインアップして収録、後工程で200%ズームアップしても、解像感のある映像が得られます。

☓ CLOSE

ページトップへ