プロジェクターLX-MU500 / LX-MW500特長

LX-MU500 / LX-MW500 5,000lmの高輝度投写と、優れたコストパフォーマンスを両立。センターレンズや4点キーストーン補正による高い設置性、光学1.6倍のズームレンズを搭載した高倍率ズームモデル。

高解像度WUXGA / WXGAで高精細な映像

LX-MU500はリアルWUXGA、LX-MW500はリアルWXGAの表示解像度に対応。多彩な解像度に合わせて映像投写が可能です。

短焦点+1.6倍ズーム

100インチ表示の場合、LX-MU500では最短2.3mの近距離から投写可能です。
光学1.6倍の高倍率ズームレンズを搭載し、幅広い設置環境に対応。

縦横キーストーンに加え、4点キーストーンで柔軟な画像調整が可能

縦横キーストーンに加え、4点キーストーン補正を搭載。四隅を個別に調整することで、より緻密に画面のゆがみを補正します。スクリーン正面にプロジェクターを設置できない場合でも、斜めから見やすい映像を投写できます。

センターレンズで設置場所の決定が容易

投写レンズを本体幅の中心に配置したセンターレンズ設計を採用。プロジェクターとスクリーンのセンターを合わせるだけで、設置位置をスムーズに決められます。

HDBaseT™標準装備で、配線の簡易化とコストダウンをサポート

HDBaseT™は、非圧縮のHD映像/音声/制御信号などを、1本のLANケーブルで長距離伝送(最長100m)することができます。LX-MU500/LX-MW500は、HDBaseT™受信機(RX) の機能を搭載。市販の伝送機(TX)とLANケーブルを使用して長距離線のシンプル化・低コスト化が図れ、劣化のない高画質映像を投写できます。

MHL標準対応で、スマホ・タブレットと直接接続可能

PCを使用することなく、市販のMHLケーブルでスマートフォンやタブレットと直接接続して投写が行えます。モバイル機器と連携し、手軽でスマートなプレゼンテーションや授業などが行えます。

レンズシフトで、映像位置の微調整が可能

投写画面の位置を上方向(2.5%)に動かすことができます。レンズシフトを実行中も画像品質が低下することはありません。本体を傾けて設置しなくても、ダイヤルを回すだけの簡単操作で位置調整が行えます。

DICOM SIMモード搭載で、医用画像の投写にも活躍

MRIなどの医用画像の投写に適したDICOM SIMモードを搭載しています。病院でのカンファレンスや、医大での授業で活躍します。

  • 本プロジェクターは、医用画像表示用モニタではないため、読影や診断には使用できません。

3Dコンテンツを見る

DLP-Linkシステムを使用して3Dコンテンツを見ることができます。
受信した3D信号をプロジェクター内部で、フレームシーケンシャルパターンに変換して表示します。

このページのトップへ