WUX400ST/WX450の特長

こんにちは、今回ご紹介するのは、コンパクトで明るくレンズシフト機能付き単焦点プロジェクターWUX400ST、WX450STです。 それでは使用シーンをご紹介します。

広いスペースで求められる大画面、 天吊りや映写室など常設プロジェクターが無い大ホールでもWUX400STなら、簡単に300インチまでの大画面投射が可能です。 投射距離2.9mで240インチの投射が可能です。

従来型では天吊り設置など工事が必要なうえランプ交換メンテナンスも 高所作業となるため高コストになります。
WUX400STでは設置のための工事が必要なくメンテナンスも簡単で低コストです。

従来型のプロジェクターでは会場のじゃまにならない場所に設置するため望遠レンズに付け替え設置場所を後ろに確保する必要がありました。

また接続ケーブルも長いものを用意するなどコストがかかりますが、高輝度ハイレンズシフト機能を搭載したWUX400STなら天吊り設置しなくても大画面の投射が可能です。 ケーブルも短くて済むので設置も簡単です。

レンズシフト機能
WUX400STのレンズシフト機能は上方向に75%横方向に10%と広範囲に可動します。操作は画面を見ながら調整できるので素早く簡単です。

ご覧いただいたているこちらの会議室ではテーブルの下にWUX400STを設置しています。
短焦点レンズシフト付ですのでこのように机の下からでも本体を上へ傾けることなく上方向への投射が可能です。
プロジェクターをテーブルの上に置く必要が無いのでテーブル上をすっきりと使うことができます。

4点キーストーン補正 4点キーストーン補正は画像の四隅を個別に調整する機能です。 この4点キーストーン補正により柔軟に設置環境に対応できます。 このように斜めからの投射でも正面から投射したように補正ができます。
被写界深度の深い単焦点レンズを採用することで四隅までピントのあった投射が可能です。

DICOM SIMモード 医療用画像表示に最適なDICOM SIMモードにブルーベ―スとクリアベースをプリセットしました。
レントゲン CT MRIなど医療画像のDICOM規格に近似した諧調で投射できますので医学学会や院内カンファレンス などでご使用いただけます。

WUX400STはネットワークを使った多彩なデータ表示が可能です。 各自の資料を共有しながら自由にディスカッションで利用するミーティングモード、
授業で先生が表示させる画面を選択できるクラスルームモード、
同じ映像を複数のプロジェクターに配信するブロードキャストモード、
PCとプロジェクターを1対1で接続するシンプルなダイレクトモード、
などネットワーク環境下で便利にお使いいただけます。

WUX400STは大ホールや明るい会議室など様々なシーンで快適にご使用いただけます。

軽量コンパクトで高輝度 高画質 高解像度にレンズシフト機能をを搭載した、 キヤノン単焦点プロジェクターWUX400ST、WX450ST導入のご検討をお願いいたします。

このページのトップへ