プロジェクターWUX6500 / WUX6010特長

WUX6500 / WUX6010 格子感のないクリアな高画質と、豊かな階調表現を実現。実物に迫る映像の美しさを追求した高画質LCOS(エルコス)モデル。

なめらかで精細な高画質 高解像度・反射型液晶LCOSパネル

開口率96%を達成し、LCOSならではの格子感が少ない美しい映像投写を実現。豊かな階調表現、くすみのない白の再現、ちらつきを抑えた動画描画も可能です。

  • 開口率とは、一画素あたりの面積に対して光が通過できる面積の割合。LCOSパネルは配線と電極の構造上、高い開口率を実現できます。

フルHD映像に適したWUXGA対応の高解像モデル
16:10のWUXGA(1,920×1,200ドット)の表示領域に対応。フルハイビジョン映像の高画質をそのままに表現できます。多彩な解像度に合わせて、美しい映像投写が可能です。

明るい大空間でも鮮明画質 高輝度6500lm / 6000lm

キヤノン独自開発による光学システム「AISYS」を搭載。
三板方式の液晶LCOSパネルが、RGBの3色のみですべての色を表現できるためカラー部も明るさが変わりません。全白輝度・色輝度ともに高輝度を実現し、コントラスト比も2000:1に向上しました。

交換レンズ(別売)

ゆがみのない映像投写

キヤノンのレンズテクノロジーを注入し、画像の色ズレ・歪み、暗部への光もれを徹底低減し、高画質投写を可能にします。

糸巻き画像を補正する非球面レンズ

スクリーン投写した時の映像の歪みを1画素レベル以下に低減します。

光軸色補正機能をレンズ内に搭載

交換レンズごとに発生する、わずかな光軸のズレを、レンズ内で自動的に補正します。

設置環境をひろげる 5種類の交換レンズ

幅広い投写距離に対応するラインアップ。交換レンズ間の輝度変化が少なく、どのレンズでも明るく鮮明に投写可能です。

  標準ズームレンズ
RS-IL01ST
望遠ズームレンズ
RS-IL02LZ
短焦点固定レンズ
RS-IL03WF
超望遠ズームレンズ
RS-IL04UL
短焦点ズームレンズ
RS-IL05WZ
投写比 1.5 : 1 ~ 2.25 : 1 2.2 : 1 ~ 3.75 : 1 0.8 : 1 3.55:1 ~ 6.94:1 1.00:1 ~ 1.50:1
倍率 1.5倍 1.7倍 - 1.95倍 1.5倍
F値 1.89~2.65 2.0~2.8 2.0 2.34~2.81 2.09~2.34

リモコンで簡単調整 電動レンズシフト/電動フォーカス・ズーム

投写画面の位置を、リモコン操作で上下・左右に調整できます。本体を動かす必要がなく、天吊設置にも便利です。さらに、ピント合わせやズームも電動化し、スクリーンの近くで、より正確な調整が可能です。

レンズ 標準ズームレンズ RS-IL01ST/望遠ズームレンズ RS-IL02LZ/超望遠ズームレンズ RS-IL04UL/短焦点ズームレンズ RS-IL05WZ 短焦点固定レンズ RS-IL03WF
垂直シフト 3.5:6.5~10.5:−0.5 4.5:5.5~5.5:4.5
水平シフト 4:6~6:4 4.8:5.2~5.2:4.8
変位量 上 55% ~ 下 15% 上 5% ~ 下 5%
左 10% ~ 右 10% 左 2% ~ 右 2%
ポジション 上下10:0 、左右 5:5 上下 5:5、左右 5:5

HDBaseT™標準装備

HDBaseT™を利用することで、非圧縮のHD映像/音声/制御信号を一本のLANケーブルで最大100mの長距離伝送をすることができ、配線のシンプル化・低コスト化が図れ、劣化のない高画質映像を投写可能。

用途にあわせて使える ポジションメモリー機能

頻繁に使用するプロジェクター設定を3つまで登録可能。「黒板用」、「スクリーン用」など、距離や画面サイズが異なる設定をメモリー登録しておけば用途にあわせてワンタッチで切り替えられます。

斜めからもズレなく投写 4点キーストーン補正

斜め方向から投写した時に生じる画像のズレを、四隅を個別に調整することで緻密に補正します。本体をスクリーン正面に置けない時でも見やすく投写可能です。さらに、被写界深度が深いズームレンズを採用し、映像の隅々までピントを合わせられます。

エッジブレンディング

複数のプロジェクターを使用して、マルチ投写を行う時に便利な機能がエッジブレンディングです。映像が重なる部分をマーカーで指定するだけで、自動的に輝度差を調整します。つなぎ目がなめらかになり、美しい大画面投写が可能です。

利用機会を広げる「NMPJ(ネットワークマルチプロジェクション)」

ネットワーク環境(LAN)での多彩な利用をサポートします。
「ミーティングモード」では離れた拠点間でもインターネットを介して共有や操作が可能。「クラスルームモード」では、教師がどの生徒のPC映像をどのプロジェクターで投写するかを自在にコントロール可能。
「ブロードキャストモード」では複数の会場や場所で一斉に映像投写が可能。

DICOM SIMモードに「Blue-base / Clear-base」を搭載

MRIなどの医用画像の投写に適したDICOM SIMモードを搭載しています。
「Blue-base / Clear-base」の2規格をプリセットし医療機関での利用を促進。

2系統のデジタル映像を同時投写 Picture by Picture

本体に「HDMI端子」と「DVI-I端子」を搭載。AVプレーヤーとPCなどの2台のデジタル映像を2画面で同時表示できます。「DICOM SIM」映像と「sRGB」映像を並べて投写することができ、医療現場のカンファレンスなどでは利用機会が広がります。

このページのトップへ