購入前に知っておきたい基礎知識

「明るさ」

プロジェクターの明るさは「lm(ルーメン)」で表示

明るさ(輝度)の単位「lm(ルーメン)」は、その値が高ければ高いほど、明るくなります。使用するスクリーンや、投写する空間の規模が大きくなるほど、よりルーメンの数値が高いプロジェクターが必要になります。また、プロジェクターの映像は、外光や部屋の照明が点いている状態では視認性が低下します。そのためにまずは、部屋の大きさと投写時に照明が落とせるかどうかで、プロジェクターの明るさを選ぶことをおすすめします。

■設置環境と明るさの目安

設置環境・環境収容人数明るさの目安
ホール・講堂100人以上6,000lm以上
大会議室50~100人5,000~7,000lm
中会議室20~50人3,000~5,000lm
小会議室~20人~3,000lm程度

スクリーンの大きさと、プロジェクターの明るさの関係

同じプロジェクターを使用した場合、スクリーンのサイズが大きくなるほど投写画像は暗くなります。これは、スクリーンサイズが2倍になると、投写面積は4倍となり、明るさが4分の1になるためです。同様に、スクリーンサイズを3倍にすると、面積は9倍になるので、明るさは9分の1になります。これは、ズームレンズを使って投写画像の面積を変える場合でも同じです。

つまり、大きなスクリーンでも同じ投写画像の明るさを得るには、より高輝度のプロジェクターが必要になるのです。例えば、5,000lmのプロジェクターで100インチに投写した時と同じ画像の明るさを得るには、120インチなら7,200lm(5,000lmの約1.44倍)、80インチなら3,200lm(約0.64倍)のプロジェクターを選ぶ必要があります。
※外光や部屋の照明環境が同条件下の場合。

スクリーンの大きさと、プロジェクターの明るさの関係