購入前に知っておきたい基礎知識

「パネル」の基礎知識

主なパネルは3種類、特長や価格に違いあり

プロジェクターは、パネル上に作られた映像を、投写レンズを通して拡大し、大画面スクリーンへ投写をします。そのため、パネルや投写レンズのクオリティーは、映像のクオリティーを左右するといっても過言ではありません。プロジェクターに搭載されるパネルはモデルによって異なり、「LCOS(エルコス)反射型液晶パネル」、「3LCD透過型液晶パネル」、「DLPパネル」の3種類が主流です。

LCOS反射型液晶パネル
LCD液晶方式の課題であった映像の「格子感」を抑え、なめらかでクリアな映像投写を実現。細部の描画力に優れ、色バランスも忠実です。また、パネルの反応速度が高く、シミュレーション動画などの再生にも適しています。
LCD透過型液晶パネル
液晶パネルに三原色である「赤」、「青」、「緑」の3色を当てて、透過した映像を投写します。白輝度と色輝度の差がなく、カラーデータの投写に適しています。DLPに比べると液晶パネルの寿命が短く、構造上密閉が困難なため、エアフィルターの定期的交換が必要となります。
DLPパネル
一般的に、光を透過させるLCD液晶方式に比べて光量のロスが少なく、明るい映像投写が可能なうえ、部品の少ないシンプル構造でプロジェクター本体の小型・軽量化に貢献します。時間経過による画像の劣化が少なく、ランプ交換のみで長期にわたり高画質を保持できるうえ、エアフィルターが不要な構造でメンテナンス負荷を軽減できます。

画像のクオリティーを左右する要素のひとつに「開口率」があります。開口率とは、一画素あたりの面積に対して光が通過できる面積の割合をいいます。開口率が高いと光を良く通すため画像が明るくなり、開口率が低いと画像に格子模様が映り込みやすく、解像感に欠けてしまいます。また、パネルの違いにより、特長、本体サイズ、コストなどにも違いが生じますので、用途や設置環境に合せて選択することをおすすめします。

主なパネルは3種類、特長や価格に違いあり