レーザービームプリンター開発者のみなさまへ

キヤノンのレーザビームプリンタを、様々な業種・業務のシステム案件に活用いただくための開発支援ツールを用意しております。この支援サービスは、キヤノン製品の開発支援ツール・開発サポートサービスなどのプログラムを提供する「Developer Support Program (DSP)」のひとつとして提供しています。

開発支援ツールをご利用いただくには

ご入会方法 (DSP新規会員お申し込み)

お申し込みからサービスまでの流れ

開発者向けサービス:Canon MIE(Market-in Engineering)Developer Support Programのご利用には、会員登録(無料)が必要になります。(開発者向けサービスのページにリンクします。)

会員ログイン

既に登録済みのお客さまはこちらからログインして下さい。

サテラレーザービームプリンター関連 開発支援ツール

Printer Driver SDLで開発を容易に

開発期間短縮・開発コスト削減に大きく貢献する、Printer Driver のSDKを提供します。また、SDK毎のテクニカルサポートプログラムも準備しております。

Canon LIPS IV Printer Driver SDK Lite

プリンタードライバーの設定画面を開くことなく直接ユーザ アプリケーションから定めた設定で出力することができます。

開発サポートサービス

各SDK別にテクニカルサポートプログラムを提供させていただきます。

マニュアルなどの各種技術情報を提供

プリンターで使われている、各種制御コマンドの詳細な機能やその具体的な使用方法を解説した各種マニュアル類を提供しております。

CPCA印刷編ドキュメント

本ドキュメントには、キヤノン製プリントデバイスの制御命令について記述されています。

MIBドキュメント

標準MIBの実装状況と、Private MIB(機密保持契約が必要)についての情報が記述されています。

LIPS IVプログラマーズマニュアル
ダウンロードサービス

キヤノン製SateraやimageRUNNER(MEDIO)・PIXELシリーズに搭載されているプリンター制御コマンドLIPS(LBP Image Processing System)マニュアルのダウンロード提供します。

このページのトップへ